2021年 12月 5日 (日)

マクロン仏大統領が感染 コロナ猛威で経済後退懸念(12月21日~25日)【株と為替 今週のねらい目】

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

東京外国為替市場 ワクチン接種、ドルを下支え

ドル・円予想レンジ:1ドル=1ドル=102円00銭~104円50銭

2020年12月18日(金)終値 103円31銭

   今週の外国為替市場でドル円相場は、引き続き上値の重い展開か。

   前週のドル円相場は、弱含みとなった。米国での新型コロナウイルスのワクチン接種が始まり、ドルの買い材料となったものの、米国の追加経済対策成立の不透明感やFRB(米連邦準備制度理事会)がFOMC(米連邦公開市場委員会)で改めて2023年までの実質ゼロ金利政策維持の方針を示したことで、ドル買いが後退し、ドルは一時1ドル=102円台まで売られた。

   今週のドル円相場は、引き続き、上値の重い展開となりそうだ。FRBによる2023年までの実質ゼロ金利政策維持方針がドルの上値を抑えている。加えて、米国の追加経済対策の行方が不透明な状況が続いており、ドルの頭を抑えそうだ。半面、ファイザーに続き、モデルナも新型コロナウイルスのワクチン接種が始まるなど、ドルの下値を支える材料となりそうだ。

   経済指標は、国内では22日に12月の月例経済報告、23日に10月28日、29日の日銀金融政策決定会合の議事要旨、10月の景気動向指数、25日に11月の失業率と有効求人倍率などが予定されている。

   海外では、21日に米電気自動車メーカーのテスラがS&P500種銘柄に採用、22日に米国の7~9月期GDP(国内総生産)確報値、米国の11月中古住宅販売件数、23日に米国の11月の個人所得と個人消費支出、米国の11月新築住宅販売件数などが予定されている。

(鷲尾香一)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中