2021年 10月 17日 (日)

テレビ通販のDX、コロナで苦境の生産者に「旬」の食材の販売ルート作る

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   新型コロナウイルスの感染が拡大するなか、営業がままならない飲食店で仕入れが滞り、販路を閉ざされた農業や漁業の生産者は少なくない。

   そんな生産者が活路として見出したのは、産直ルートだ。消費者からも、産地から安価に旬の食材を購入できると好評を博している。両者を取り持ち、全国の名産品販売の支援事業を行っている株式会社産直(福岡市)では、最先端の技術を組み込んだ放送プラットフォームを使い、これまで以上に産地が身近になる、新しいテレビ通販のスタイルを開発。2020年12月18日から、初めてオンエアした。三好正洋社長に聞いた。

  • 「BaaSが通販番組の制作サイドに大きなインパクトになった」と話す産直の三好正弘社長
    「BaaSが通販番組の制作サイドに大きなインパクトになった」と話す産直の三好正弘社長
  • 「BaaSが通販番組の制作サイドに大きなインパクトになった」と話す産直の三好正弘社長

テレビ通販にDXをもたらす「産地応援!! フェアー」

   プロジェクトは「『全国のおいしいものいただきま~す』産地応援!! フェアー」と名づけられ、全国のテレビ朝日系列12局とMXテレビで放送される。フェアーの期間は2021年1月31日までで、エリアによって放送日が異なる。

   産直が、このプロジェクトの通販番組を制作するにあたり活用したのは、次世代放送プラットフォームとされ、「BaaS」(バース)と呼ばれる「Broadband as a Service」。リモート技術とクラウド技術を活用。「5G(第5世代移動通信システム)」の時代に向けて、テレビ業界にデジタルトランスフォーメ―ション(DX)をもたらすとしてソフトバンクが開発した。

   BaaSの最大の特徴は、映像制作のプロセスを大幅に短縮できること。撮影現場から映像データをクラウドにアップすると、別の場所からでもクラウド上で編集から配信までのオペレーションが実行できる。

   「このBaaSが通販番組の制作サイドに大きなインパクトになった」と、三好正洋社長。というのも、「(農業や漁業など)一次産業のためには、旬のものは旬の時に取り上げたい。しかし、農家が収穫している映像とって持ち帰り編集をして作り上げると、オンエアするときは旬が終わっているか、よくても旬ギリギリの最後のほう。せっかく撮った映像を使った通販ができるのは1年後」といのが実情だからだ。

   そこでBaaSの存在を知り、さっそく導入。「実際に映像が極めて短い時間で作れて放送できる番組ができた」といい、この「産地応援!! フェアー」では、各地の産直品を現地と同じ旬のリアルタイムで伝えることが可能になった。

「ウェブならすぐにできるという話になるが、『産地応援』という試みで、わざわざウェブで動画をみつけて買ってくれるお客さんがどれくらいいるか」

と考え、テレビ通販をメインに打ち出した。もちろん、ウェブ 展開もある。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中