2022年 1月 28日 (金)

なんと韓国政府とソウル市がユニクロを「社会貢献企業」に認定! 不買運動収まるかと思いきや...【日韓経済戦争】

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

韓国世論の6割「不買運動をさらに促進すべき」

   ところで、「日本製品不買運動」はいつまで続くのだろうか――。韓国国民の6割近くが「まだまだ続く」と考えていることが、世論調査でわかった。聯合ニュース(12月22日)「7割が日本製品不買運動に参加経験 4割『今後も続ける』」が、こう報じている。

「日本製品の不買運動について、約7割の人が参加した経験があることが12月22日わかった。市場調査会社のエムブレーンによると、11月末から12月初めに全国の19~59歳の男女1000人を対象に行った調査の結果、71.8%が日本製品の不買運動に参加した経験があると答えた」

   そして、自分が不買運動の対象にした企業名を聞いたところ、ユニクロが75.7%で最も多く、アサヒビール(71.1%)、サッポロビール(56.6%)、ABCマート(49.4%)、無印良品(47.5%)、キリンビール(44.4%)と続いた。

   不買運動が始まってから1年以上も経つのに、多くの人が支持していることがわかった。69.3%が「不買運動は必要だ」と回答し、「不買運動を積極的に促進しなければならない」とする、さらに強硬な回答も59.9%にのぼった。

   一方、「不買運動をやめる時がきた」(12.2%)や、「参加したいと思わない」(15.9%)とする回答は少なかった。「不買運動が長期化する」とした回答者は57.6%で、「尻すぼみになる」と予想した人は18.8%しかいなかった。

   ユニクロの韓国での苦闘は、まだまだ続きそうだ。

(福田和郎)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中