2021年 12月 5日 (日)

王室離脱で「稼ぎまくり」?! たった9か月で超大富豪になったメーガン妃の「来年の展望」(井津川倫子)

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

成功劇を支えたメーガン妃の「ぶっちぎり人気」

   それにしても、なぜ、世間のバッシングを浴びているはずのメーガン妃とハリー王子の元に、ビジネスの話が次々と舞い込むのでしょうか?

   米老舗ファッション誌のハーパーズ バザーによると、2020年に最も多くツイッターで話題になった王室メンバーはメーガン妃だったそうです。

Duchess Meghan and Prince Harry Are the Most Tweeted-About Royals in 2020
(2020年、ツイッターで一番話題にされた王室メンバーはメーガン妃とヘンリー王子だった)

   2位がヘンリー王子でエリザベス女王が3位。絶大な人気を誇るエリザベス女王を引き離して上位を独占したメーガン妃とヘンリー王子夫妻は、良くも悪くも「世界中が最も注目するセレブ」なのでしょう。

   どんなにメディアにたたかれても「人気は不動」となれば、話題づくりを狙う企業にとって「最高のタレント」です。実際、スポティファイの株価は、夫妻との契約発表を受けて2%上昇したそうですから、投資効果は絶大のようです。

   それでは「今週のニュースな英語」は、「prolific」(実りの多い)を取り上げます。

He was a prolific writer
(彼はたくさん書くライターだ)

She was a prolific and successful writer
(彼女は多作で成功した作家だ)

Van Gogh was one of the most prolific artists
(ヴァン・ゴッホは、最も多作な画家の一人だった)

   当初の予想を大きく裏切って、ビジネスで大成功を収めたメーガン妃とヘンリー王子。2021年はどうなるのかと思いきや、これまでの成功は「a billion-dollar brand」(10億ドルブランド)になった夫妻の最初の一歩に過ぎない、という見立てが主流のようです。

   2021年はどんな新しいビジネスが繰り広げられるのか。以前からの英国王室ファンとしては、勝ち誇った顔のメーガン妃の横で、ヘンリー王子の影がこれ以上薄くならないことを願っています。(井津川倫子)

kaisha_20170303104637.png
井津川倫子(いつかわりんこ)
津田塾大学卒。日本企業に勤める現役サラリーウーマン。TOEIC(R)L&Rの最高スコア975点。海外駐在員として赴任したロンドンでは、イギリス式の英語学習法を体験。モットーは、「いくつになっても英語は上達できる」。英国BBC放送などの海外メディアから「使える英語」を拾うのが得意。教科書では学べないリアルな英語のおもしろさを伝えている。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中