2021年 1月 21日 (木)

飲食店に「網かけ」「GoTo」でふっ飛んだ緊張感 緊急事態宣言「発令」できないガースー首相に怒りの声(3)

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   菅義偉首相は2021年1月4日、年頭の記者会見で、新型コロナウイルスの爆発的な感染拡大の対策のため、東京、千葉、埼玉、神奈川の1都3県を対象に緊急事態宣言を発令することを「検討する」と表明した。

   東京都の新規感染者が昨年の大晦日に1300人を超えたことをはじめ、首都圏で正月三が日も高止まりを続けていることを受けた形だ。

   しかし、この危機的状況に及んでもまだ、「検討する」という歯切れの悪い物言いと、自分は「多人数で会食」しながら飲食店に責任転嫁をするガースー首相に、

「もう誰もあなたにコロナ対策を期待しません!」

  と厳しい怒りの声が起こっている。

  • 東京五輪・パラリンピックは開けるの?(五輪組織委の公式サイトより)
    東京五輪・パラリンピックは開けるの?(五輪組織委の公式サイトより)
  • 東京五輪・パラリンピックは開けるの?(五輪組織委の公式サイトより)

「総理、検討するかどうか検討していたのですか?」

   ネットではどんな意見が多いのだろうか。ヤフーニュースの「みんなの意見」のアンケート調査「1都3県の知事が緊急事態宣言を要請、どう思う?」によると、1月4日11時現在、32万8380人が投票し、「緊急事態宣言が必要」が83%、「必要ない」が15%、「どちらとも言えない・わからない」が2%と、圧倒的多数が「緊急事態宣言が必要」という意見だった。

   つまり、「宣言の是非」など何を今さらというわけだ。

   ネット上では、菅首相に対する怒りの声があふれている。

「国民の意識を変えるにはリーダーの発信力が重要。なぜ今日すぐに『宣言を発令する』と訴えなかったのか。せっかくの年頭の会見のチャンスを『検討します』で台無しにしてしまった。政治的センス皆無で、リーダーの資質ゼロ。昨日までの閣僚会議は『検討するかどうか検討していた』のだね。『検討する』ということは何も決まっていないということ。神頼みでこのまま感染者が減ることを週末まで待っているのだろうか? 今日から病院も通常に始まる。一刻も早く行動に移るべきではないか。アホらしくて言葉も出ない」
「菅総理の会見は、いつ見ても打っても響かない。馬鹿の一つ覚えのように検討、検討といったい、いつまでこの台詞を繰り返しているのか。『人出があまり減らなかった』などと国民の側に責任があるような言い回しだが、一番の原因はあんただよ。これまでまともなコロナ対策を何一つ講じず、野党が提出している特措法改正案すら拒否する始末。挙げ句には大勢での忘年会にノコノコと顔を出す。もはや今の政府、自民党には微塵も期待できない。危機対応能力はかつての旧民主党政権の原発事故対応と同等かそれ以下だ」
「菅総理の発言は『責任を転嫁』する言い回しが多いので、国民から共感を得られていない。忘年会の自粛を呼び掛けているにも関わらず、自身はステーキハウスで野球談議。お仲間は各地でパーティー開催。『コンパニオンがウイルス対策』『ステーキハウスに集まったが会食ではない』『三々五々集まり、三々五々帰りますから』などの言い訳だらけの自民党。『国民は不要不急の外出はするな』のお願いの前に、まず自民党と菅総理の行動に対する『謝罪』があってからの『お願い』ではないのでしょうか」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中