2021年 1月 23日 (土)

2021年は超円高局面も! マネックス証券の吉田恒氏「1ドル=100円割れ」を予測

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   コロナ禍に揺れたドル円相場は、緩やかな円高に向かっている。2021年は、その流れが続いていきそうだ。

   マネックス証券チーフFXコンサルタントの吉田恒氏は、2021年のドル円相場は90~95円という、いわゆる「超円高」水準まで下落すると予想した。

  • 1米ドル=100円割れもある!?
    1米ドル=100円割れもある!?
  • 1米ドル=100円割れもある!?

円高ドル安の背景に株高?

   新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、2020年の米国の金融政策は大規模な金融緩和策に舵をとった。また、財政支出を大幅に実施したことで相対的にドル安が進みやすい展開となった

   その結果、コロナショック後に大きく価格を戻した株式市場とは反対に、ドル円相場は緩やかなドル安円高で推移した。

◆ ドル円2020年のチャート

コロナ禍で緩やかなドル安相場に......
コロナ禍で緩やかなドル安相場に......

   昨年3月のコロナショックで、瞬間的に1米ドル=101円まで落ち込む場面があったものの、長きにわたり105円以下で推移することは2016年以来となった。

   さらに、11月の米大統領選挙で民主党のジョー・バイデン氏が勝利を収めた(※トランプ大統領は敗北を認めず)ことから、財政拡大の思惑が加速。協議途中の大規模な経済政策に加えて、さらなる追加対策を打ち出すことから、ドル安の進行は止まりそうにない。

   また、米国の10年債利回りとドル円の金利差にも注目。

kaisha_20210101184033.jpg

   3月には相関性のあった米国の10年債利回りだが、その値動きは開いたままとなっている。これが是正されると、ドル円相場は1ドル=95円程度まで下押しする可能性があるという。

   このかい離の理由として、金利を無視した株高が考えられることから、新型コロナウイルスという異次元の相場が到来したからこその値動きといえそうです。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中