2021年 5月 19日 (水)

もう「激務」とは言わせない! モチベーション高く働ける職場を目指す 大和証券 森千春さんに聞く

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   早くから女性活躍の推進に積極的に取り組んできた大和証券グループ。「時間」の有効活用を意識することで、働きやすい環境と社員のモチベーションのアップを実現してきたという。

   さまざまな職場環境の整備によって対外的なイメージが変わり、「学生が就職したい企業としても上位にランキングされるようになった」と話す大和証券 人事部人事課兼ワーク・ライフ・バランス推進室 次長の森千春さんに、社内での取り組みについて聞いた。

  • 育児中の社員が安心して働ける(写真は、社員の研修中に子どもを預かるベビーサロンの様子)
    育児中の社員が安心して働ける(写真は、社員の研修中に子どもを預かるベビーサロンの様子)
  • 育児中の社員が安心して働ける(写真は、社員の研修中に子どもを預かるベビーサロンの様子)

社員全員が19時までに退社する

――大和証券グループは、女性活躍推進に早くから取り組んできたフロントランナーのイメージがあります。どのような取り組みをされてきたのでしょうか。

森千春さん「基本的な考え方として、若手からベテランまで、すべての社員が高いモチベーションで働きつづけることができる職場環境の実現を目指しており、女性活躍の推進はその取り組みのひとつと位置づけています。
大和証券でいえば、2007年から始めた『19時前退社』の励行が、社員全員の働きやすさにつながっていると思います。そもそもは2005年頃から女性活躍支援の取り組みをはじめましたが、女性が出産などのライフイベントを経ても、キャリアを継続できる環境が必要だという観点から、さまざまな制度を整備しました。両立支援制度を考える際には、女性だけでなく、男性の働き方改革なくしては成り立たないため、当時の経営トップが、すべての社員が活躍するためには『時間がキーワードである』と捉えて、半ばトップダウンで19時までに全員が会社を退社するよう促してきました」

――「証券会社は夜遅くまで働くイメージがありましたが、そういうイメージはもう古いんでしょうか。

森さん「特に営業現場では19時前退社が徹底されていますね。以前は残業することが当たり前の企業文化だったのですが、現在では、全国にある大和証券の支店は、19時に行けばオフィスの明りが消えているはずです。この励行が進むにつれて、社員はだんだんと『自分で時間をコントロールして働くことが当たり前』と身をもって感じるようになり、限られた日中の時間に集中して成果を出すという考え方にシフトしてきました。
家族との時間や自己研鑽の時間もとれるようになり、実際に、退社後に資格取得を目指す社員も多くなりました。この取り組みによって女性はもちろんのこと、すべての社員がモチベーションを高めながら働き続けられる環境になっていると思います」
水野 矩美加(みずの・くみか)
水野 矩美加(みずの・くみか)
アパレル、コンサルタント会社を経てキャリアデザインをはじめとする人材教育に携わる。多くの研修を行う中で働き方、外見演出、話し方などの自己表現方法がコミュニケーションに与える影響に関心を持ち探求。2017年から、ライター活動もスタート。個人のキャリア、女性活躍、ダイバーシティに関わる内容をテーマに扱っている。
戸川 明美(とがわ・あけみ)
戸川 明美(とがわ・あけみ)
10数年の金融機関OLの経験を経て、2015年からフリーライター、翻訳業をスタート。企業への取材&ライティングを多く行う中で、女性活躍やダイバーシティの推進、働き方の取り組みに興味をもつ。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中