2021年 1月 16日 (土)

韓国での日本車の急落「不買運動だけではない。魅力がないから...」韓国紙がこき下ろす理由は?【日韓経済戦争】

賢いお金の使い方が学べる、無料の大人気資産運用セミナー!

   韓国で日本の自動車の販売不振に歯止めがかからない。

   「やはり日本製品不買運動が響いているのか」と思いきや、「日本車の魅力がないからだ」と韓国メディアがにべもなく言い放つ。

   いったい、どういうことか。韓国紙で読み解くと――。

  • 6年連続で米グッドデザインアワードを受賞しているジェネシス(現代自動車の公式サイトより)
    6年連続で米グッドデザインアワードを受賞しているジェネシス(現代自動車の公式サイトより)
  • 6年連続で米グッドデザインアワードを受賞しているジェネシス(現代自動車の公式サイトより)

日本車のデザインは「ガラパゴス化」している

   日本車販売の急落が不買運動のせいばかりではないと強調するのは、中央日報(2021年1月10日付)「韓国でシェア1%... 日本車の急落は不買運動のせい? 理由は別にあった」である。

「韓国の自動車市場でこの1年で日本車のシェアが1%に落ちた。韓国で売られた新車100台のうち、日本車は1台だけという意味だ。2019年に巻き起こった日本製品の不買運動に起因するところが大きいが、専門家らは『全体的に日本車の魅力が落ちた』と分析した。また、日本国内でも『革新性と果敢な投資が足りなかった』という指摘が出ている」

   韓国輸入自動車協会(KAIDA)などの輸入車販売実績によると、トヨタ、ホンダ、日産(編集部注:2020年末に韓国市場から撤退)の日本車3ブランドは昨年、韓国市場で約2万500台を売った。

   昨年売れた輸入車27~28万台のうち約7.5%を占めており、韓国国内の自動車販売全体の189万~190万台で見ると1.1%にすぎない。輸入車のうち日本ブランドの割合が10%以下に落ちたのはKAIDAが実績を集計し始めた2001年以降で初めてのことだ。

   韓国の国産車・現代(ヒョンデ)自動車グループは販売台数が、2019年より6.2%増加。輸入車のメルセデス・ベンツは2年連続で7万台規模を維持。またアウディとフォルクスワーゲンは2019年より2倍以上増えた。日本車だけ後退した格好なのだ。日本車が後退したのはなぜか――。決して「日本製品の不買運動」の影響だけではないと、中央日報はこう指摘する。

「日本車の不振が韓日貿易紛争による『ノージャパン感情』のためだけではないという見方が優勢だ。韓国の消費者がクルマを選択する際に重要と考えるデザインと便宜性、革新性などほとんどすべての販売条件で日本車が競争力を失っているということだ」

   中央日報の取材に対し、韓国の専門家たちはこう語った――。

   ハイ投資証券リサーチセンター長のコ・テボン氏は「現代自のジェネシスなど韓国車の品質が上がっており、あえて価格の高いトヨタ・レクサスを買う理由がなくなった。デザインも『ガラパゴス』という言葉があるほど韓国の消費者の好みとは距離がある」と話した。

   「ガラパゴス」は日本車が自国の消費者だけ共感するデザインを採択しているという意味だ。

   クルマを社会的地位と関連付ける性向が深まったのも要因と分析される。仁荷(インハ)大学消費者学科のイ・ウンヒ教授は「韓国の消費者にクルマは単純な消費財以上だ。そのような面からドイツの高級ブランドなど欧州車は誇示しやすい。これに対し日本車は実用性が良いと認められたが、最近欧州車の価格が下がり競争力を失った」と指摘した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中