2021年 6月 21日 (月)

ビジネスメールはヒューマンスキルとビジュアル重視で書け!

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   新型コロナウイルスの感染拡大で、一気に普及したテレワーク。2度目の緊急事態宣言が発出されるなど、コロナ禍の出口が見えず、この先、ますます導入が進むと見込まれる。そうした環境で欠かせないツールがメール。ビジネスパーソンには、いっそう「わかりやすいメールを書く力」が求められる。

   本書「テレワークで人を動かすリーダーのメール術」は、実例を豊富に盛り込まれ、わかりやすいメールを書くコツを身につけるための近道となる一冊だ。

「テレワークで人を動かすリーダーのメール術」(吉田幸弘著)秀和システム
  • テレワーク時代にはメール術は必修課題
    テレワーク時代にはメール術は必修課題
  • テレワーク時代にはメール術は必修課題

「話す・聞く」だけでは不十分

   著者の吉田幸弘さんは、人財育成コンサルタントで、上司向けコーチとして活躍するコミュニケーションデザイナー。大学卒業後、大手旅行会社などを経て外資系企業へ転職。周囲とうまくコミュニケーションが取れず降格人事にあったが、人の勧めで学んだ「交渉術」を使って営業成績を改善してマネジャーに再昇格を果たした。

   そうした経験を生かして2011年1月に独立。経営者や中間管理職向けに、人材育成、チームビルディング、売上改善の方法を中心としたコンサルティング活動を行っている。

   コロナ禍でビジネスパーソンらの働く環境が、テレワーク化など激変するなか、吉田さんはあることに気が付いた。それはZoomなどのオンライン会議のツールが普及したことで「話す・聞く」のコミュニケーションに力を高めていこうとするリーダーはいても「『書く』コミュニケーションにまで力をいれているリーダーは少ないのが実情」ということ。

「『書く力』を身につけるだけでも、リーダーとして大きなアドバンテージになるのは間違いありません。とくにこれからは、より『書く力』が求められていくでしょう」

と見越して、そのサポートに本書を上梓した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中