2021年 6月 24日 (木)

究極の後出しジャンケン!? 楽天の携帯料金「0円」サプライズにエールと不安が交錯(1)

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   これが極めつけの「最後の後出しジャンケン!」というべきか――。

   携帯電話料金値下げ戦争で、大手3社、格安スマホが次々と新料金プランを発表するなか、「第4のキャリア」を目指す楽天モバイルが2021年1月29日、「0円」もあるという究極の新料金プランを発表した。

   毎月のデータの使用量に応じて、段階的に価格を下げていくという内容。

   ネットでは、

「やっと魅力的な価格が出てきた」

と称賛の声が多いが、

「楽天は最大の弱点を解決するのが先だよ」

という指摘も多い。それはいったい何か?

  • 「0円勝負」に出た楽天モバイルの三木谷浩史会長(同社公式サイトより)
    「0円勝負」に出た楽天モバイルの三木谷浩史会長(同社公式サイトより)
  • 「0円勝負」に出た楽天モバイルの三木谷浩史会長(同社公式サイトより)

マー君が楽天に復帰した日に合わせたサプライズ

   楽天モバイルは2021年1月29日、データ使用量20GB(ギガバイト)までで月額1980円の新プラン「Rakuten UN-LIMIT VI」を発表した。サービスは4月1日からスタートする。

   20GB(ギガバイト)で月額2980円(税別)という基本設定は、NTTドコモ、au(KDDI)、ソフトバンクの大手3社と同じだが、月額料金はデータ使用量に応じて変動するのが特徴で、「0円」になる場合もある思い切ったプランだ。

   同社の公式サイトによると、内容はこうだ(金額は税別)。

(1)20GBを超えた場合はデータ使用量を無制限として、引き続き月額2980円とする。
(2)データ使用量が3GB以上20GB未満までは月額1980円に引き下げる。
(3)1GB以上3GB未満までは月額980円にする。
(4)ゼロから1GB未満までは無料(0円)とする。
楽天モバイルの新料金プラン「Rakuten UN-LIMIT VI」(同社公式サイトより)
楽天モバイルの新料金プラン「Rakuten UN-LIMIT VI」(同社公式サイトより)

   ただし、いずれも端末代、オプション料、通話料などは別費用。さらに、これまで300万人までの契約を対象にした料金が1年間無料となるキャンペーンは継続する。また、SIM再発行の手数料やMNP(電話番号そのままで携帯電話会社を乗り換えるサービス)手数料なども0円となる「ZERO宣言」を出した。

   楽天モバイルの三木谷浩史会長は、記者会見で、

「当初はたくさん使う人に向けて、シンプルな形で、通話込みで2980円ということを目標にした。この1年、すごく使うけど、あまり使っていない、関西弁で言うと『むっちゃ高い』という人がたくさんいる。でも5G時代で、データの使用量は増えている。全国民に最適なワンプランを提供することが楽天モバイルのミッション、心意気です」

と語った。

   昨年(2020年)2月から今年1月にかけて、携帯大手3社のNTTドコモ、au(KDDI)、ソフトバンクが「5分間かけ放題」の条件のもと、20GBで月額2980円(税別)という横並びの料金プランを出してきた。

   楽天は昨年4月、「第4のキャリア」を目指して本格参入。当時としては破格のデータ無制限で2980円の料金で提示、「最安」をうたったが、すっかり色あせてしまった感があり、どう出るか注目されてきた。

   それがちょうど、プロ野球の楽天が米大リーグのヤンキースからFA(フリーエージェント)となっていた田中将大(32)の復帰を発表し、世間を驚かせたタイミングを狙って「0円」というサプライズを発表した形だ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中