2021年 2月 26日 (金)

究極の後出しジャンケン!? 楽天の携帯料金「0円」サプライズにエールと不安が交錯(2)

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   これが極めつけの「最後の後出しジャンケン!」というべきか――。

   携帯電話料金値下げ戦争で、大手3社、格安スマホが次々と新料金プランを発表するなか、「第4のキャリア」を目指す楽天モバイルが2021年1月29日、「0円」もあるという究極の新料金プランを発表した。

   毎月のデータの使用量に応じて、段階的に価格を下げていくという内容。

   ネットでは、

「やっと魅力的な価格が出てきた」

と称賛の声が多いが、

「楽天は最大の弱点を解決するのが先だよ」

という指摘も多い。それはいったい何か?

  • 楽天モバイルが「0円」サプライズ!(写真はイメージ)
    楽天モバイルが「0円」サプライズ!(写真はイメージ)
  • 楽天モバイルが「0円」サプライズ!(写真はイメージ)

「0円」の恩恵を受ける人はなんと3割も!

   今回の楽天の新プランで「無料」の恩恵を受ける層はどのくらいいるのだろうか。月間のデータ使用量が「1GB未満」がタダ(0円)となり、また1GB以上~3GB未満が月間980円となるが――。

   ICT(情報通信技術)市場専門のリサーチ・コンサルティング企業「MM総研」が2020年5月に発表した「携帯電話の月額利用料金と音声通話・データ通信サービスの利用実態調査」(昨年2月時点)によると、「0円」となる人は意外に多く、約3割に達する=グラフ参照

「0円」になる月間1GBしか使わない人がこんなに多い(MM総研の調査データより)
「0円」になる月間1GBしか使わない人がこんなに多い(MM総研の調査データより)

   調査結果はこうだ。

「NTTドコモ・au・ソフトバンク、そしてサブブランドのY!mobile・UQ mobile、MVNO(格安スマホ)の、それぞれの利用者に対するアンケート調査に基づき分析した。平均データ通信量は6.94GB、中央値は3.00GBとなった。月間通信量は『1GB』が29%、『2GB』が16.7%、『3GB』が13.4%。59.2%のユーザーが3GB以下の通信量で、7GBまでの累計では約79.2%を占めた」

   つまり、「0円」の人が29%、「980円」の人が30%というわけだ。ちなみに、「1980円」(3GB以上~20GB未満)は32%、「2980円」(20GB以上)は9%ということになる。これで、楽天モバイルは採算が合うのだろうか?

   その仕組みについて、インターネットメディア「ITmedia Mobile」(2020年11月12日付)「楽天モバイルの申込数が160万を突破 三木谷氏は『携帯料金値下げ』の動きを歓迎」が、こう伝える。

「楽天モバイルが現在提供している『Rakuten UN-LIMIT V』では300万人は1年間無料とし、2020年内に300万人契約の獲得を目標にしていたが、年内の300万突破は難しそうだ。160万人はあくまで申込数だ。1年間の無料期間が終了した後、いかに継続して使ってもらえるかも重要だが、三木谷氏は、楽天モバイルの支払いに楽天ポイントを使えることを挙げ、『SPU(スーパーポイントアップ)を使っている人なら、ポイントで(月額料金を)支払えるのでは』と話す。また楽天モバイルのユーザーを、楽天のエコシステムに取り込むことで、ロイヤリティーの向上を狙う。楽天モバイルの申込者のうち、15%の楽天の新規ユーザーであり、うち35%は楽天市場、楽天カード、楽天銀行などのサービスを利用しているという」

   つまり、言葉は悪いが「0円」というエサで釣って、楽天市場、楽天カードなどのビジネスに引き込むことで利益を得ようという考えのようだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中