2021年 8月 2日 (月)

日本酒のウンチクを語りたいなら、読んでおくといい一冊!【尾藤克之のオススメ】

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

知るほどに奥が深い日本酒

   いま、巷では「教養としての○○」という本が流行っています。お酒をテーマにしたものは多いのですが、ワインやウイスキー、ビールをテーマにしたものがほとんどです。日本酒の本は少ないので貴重ではないかと思われます。

   ここ数年は世界中で和食が好まれていますから、日本酒も人気が出て当然といえます。細かい知識は別に知らなくてもいいという人も、日本酒の嗜み方だけでも読んでおくと役立つと思います。

   日本酒の種類ごとに美味しい温度が異なり、それらの情報を披露する機会があったらちょっと自慢できそうです。

   たとえば、日本酒のためにつくられる米があり、酒造用米がどのようにできていて、ふつうの米となにが違うのか。また、米と水の組み合わせによって味が大きく変わることや、「吟醸」と「大吟醸」の違いは何か、料理に「大吟醸」は向かないなどの、興味深い話が山積です。

   日本酒が好きで興味があるけど、なかなか...... という人がいれば、この本を通して日本酒の奥深さを垣間見て欲しいと思います。格好の日本酒入門書と言えるでしょう。(尾藤克之)

尾藤 克之(びとう・かつゆき)
尾藤 克之(びとう・かつゆき)
コラムニスト、著述家、明治大学サービス創新研究所客員研究員
代議士秘書、大手コンサルティングファームで、経営・事業開発支援、組織人事問題に関する業務に従事。IT系上場企業などの役員を経て現職。現在は障害者支援団体のアスカ王国(橋本久美子会長/故・橋本龍太郎元首相夫人)を運営。NHK、民放各社のテレビ出演、協力、経済誌などの掲載多数。著書は多く、近著に「頭がいい人の読書術」(すばる舎)がある。
経営学修士、経済学修士。東京都出身。
https://amzn.to/2vPNTze
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中