2021年 12月 5日 (日)

東京五輪反対に自ら火に油を注ぐとは! 森喜朗会長の「差別発言」に海外メディアが呆れ返った(3)

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!
「女性の話は長い...」

   東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長の発言が「女性差別」だとして、日本はおろか世界中で物議をかもしている。

   オリンピックの最大の理念である「男女平等」に反する点が問題になっているのだ。

「こんな人物が東京五輪のトップなのか」

   と海外メディアが呆れている。これで東京五輪は終わりか...?

  • 東京五輪・パラリンピックのメイン会場となる新国立競技場
    東京五輪・パラリンピックのメイン会場となる新国立競技場
  • 東京五輪・パラリンピックのメイン会場となる新国立競技場

学術会議には強気なくせに長老に何も言えない菅首相

   多くの人が「ますます東京五輪が不愉快になってきた」と、怒りの声を寄せている。

「一生の思い出になると、2年前にボランティアに応募。世論調査では反対論が多くて開催されるか心配でしたが、一縷の望みをもっていました。しかし、森会長の(記者会見での)あの態度に熱が冷めました。ボランティアやめます」
「『一般論として、女性の数だけを増やすのは考えものだということが言いたかった』。この時点でおかしいことに気付けてないのがすでに耄碌(もうろく)している証拠。会見でも『耳が聞こえない』を連発していました。もともと、聞く耳は持っていないのでしょう」
「森さんの発言ひどいけど、JOCの場で笑いが起こったという。その場ですぐ非難しない組織も腐っているんだろう。もう五輪やめようよ」
「森さんを知っていて、彼がこんな人物であることを知らない人が日本にいるだろうか。もちろん『トンデモ発言』であることは間違いないが、彼にとって『通常運転』であることも然り。それと知りながら役職に付けている『取り巻き』の責任こそ追及すべし」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中