2021年 8月 2日 (月)

感染者「下げ止まり」で宣言解除はどうなる? 「東京五輪のため検査を減らしていた」ってホント?(2)

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   緊急事態宣言が2021年2月7日に延長されてから2週間。新型コロナウイルスの新規感染者数はかなり減ってきたが、ここにきて減少傾向に「下げ止まり」がみられるという。

   そもそも、この急速な減少傾向、

「東京五輪を見越して検査数を減らしているためでは」

   と、疑問視する人も多い。

   いったいどうなっているのか。はたして、緊急事態宣言は予定どおり解除できるのだろうか――。

  • 小池百合子都知事は東京五輪のために検査を縮小した?
    小池百合子都知事は東京五輪のために検査を縮小した?
  • 小池百合子都知事は東京五輪のために検査を縮小した?

驚愕の事実、保健所はしっかり調査していなかった

   それでは、積極的疫学調査の縮小による影響がみられないのはなぜか――。東京新聞は、驚くべき結論を導いている。東京都が1月22日に「追跡調査の縮小通知」を出す以前から保健所の機能は崩壊に陥っており、しっかりした追跡調査ができる状態ではなかった。都の「追跡調査の縮小通知」は保健所の現状を追認しただけで、通知の前後に調査内容が変わることなどなかったというのだ。

   東京新聞はこう伝える。

「そもそも通知の前後で、保健所の調査方法に大きな変化はないとの声がある。複数の保健所によると、2020年12月ごろからの感染者増で、事実上追い切れないケースが続出。ある保健所の所長は『前から濃淡は付けている。通知によって変わったことはない。保健所によってはすでに全然やっていなかったようだ』と説明。都の職員も『通知は実態に合わせた面がある』と明かす」

   もちろん、しっかり調査していた保健所もあった。

「墨田区保健所は、通知後も陽性者1人ずつに詳しい調査を継続。それでも陽性者は都内全域と同じように減少しているといい、西塚至所長は『流行は抑えられているのは明らか』とみる。本来は徹底的に追跡調査をするのに越したことはない。だが大曲医師は『保健所業務の負荷を考えると、全体的な減少傾向が続いている限りは重点化でいい。封じ込めの可能性が見えた段階で幅広い調査に戻すべきだ』と指摘している」

   さて、この減少傾向の下げ止まりをどうみるか。ネットでは「国民の間の気の緩みが大きい」という意見が圧倒的多数を占めている。ヤフーニュース「みんなの意見」で「危機意識が緩む『コロナ慣れ』、感じますか?」と聞いたところ、2月22日11時現在(投票数20万4140票)で、「感じる」(75.6%)、「やや感じる」(15%)、「あまり感じない」(3.6%)、「感じない」(5%)という結果になった。「コロナ慣れを感じる」人が90.6%と9割を超えたのだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中