2023年 2月 3日 (金)

感染者「下げ止まり」で宣言解除はどうなる? 「東京五輪のため検査を減らしていた」ってホント?(2)

40th Anniversary Adventurers Stone

何でも東京五輪のせいにするのは一種の陰謀論だ

「区立保育園に勤務しているが、園児に陽性が出ても濃厚接触者がいないように発表している。具体的には、陽性と分かった2日前に接触した人が濃厚接触者だという規定があるそうで、だから検査日を遅らせて、検査結果が出るまでは欠席してもらい、検査結果が出た時には陽性でも2日前には欠席していたから濃厚接触者はいないと公表する仕組み。母親が発症して陽性だったのに家族は検査をしないという例もあった。園としても目が点...。なんとか人数を減らすために検査数を減らしているとしか思えない。だいたい、飲食店の時短営業だけで2000人超えが300人にまで減るわけがない。それで減っていれば、諸外国もこんな事態になっていないよ」
「妹の会社で隣のオッサンが感染し、家族全員陽性だったらしいが、会社ではマスク着用があったので、濃厚接触者なしで検査を受けられなかったと言っていました」
「自分の会社でも、最大で合計40分ほどの接触があったと陽性者から申告を受けた方々が、直後の聞き取りで1回が長くて約10分で、数回に分けて合計40分のケースを含めて、マスクをしていたから『濃厚接触者ではないから検査不要、自宅待機も不要』となった人が数名います。念のために検査を受けて全員が陰性でしたが。1か月以上経っていますが、一人も体の異変を訴える人はいません。陽性となった人はマスクをしていましたが、普段から口数が多い人なので飛沫は相当あったとは思いますが、結果的には保健所の判断は正しいと言えるかもしれません。あくまでも結果論ですが」

   一方で、確かに感染者は減ってきているはずという声も多かった。

「東京で1日の感染者が2000人いた頃から300人ほどになり、1700人減ったわけです。感染減少ペースが少しずつ下がってくるのは、分母が違うのだから、数学上当たり前の話だ。体重120キロの人が20キロ減らすのと、体重70キロの人が20キロ減らすのとでは、同じ食生活・運動量ならそれにかかる期間が全然違うのと同じです。それと、何でもオリンピックのせいにするのは、一種の陰謀論だと思います」
「もし検査を絞っているのが減少傾向の原因なら、陽性率が増えるのが必然ですが、そうなっていないので感染は減っていると判断できます。多い状態から減るのが早くて、一定数減ったら減り方が鈍化するのは当然です。割合を考えればわかる事です。ただの算数です」
「若い世代が緩んできていると批判する人が多いですが、若い人のほうが、いつまでも自粛しても意味がない、コロナとは共存していくしかない、ということに気づいてきたのだと思います」

(福田和郎)

姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中