2021年 4月 16日 (金)

五輪中止「島根の乱」!「頑張れ」と応援エール殺到 「注意する」と豪語したあの人に丸山知事の対応は......(1)

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?
「聖火リレーを中止する!」

   東京五輪開催に公然と反旗を翻した島根県の丸山達也知事(50)に共感のエールが広がっている。「♯頑張れ島根県知事」がツイッターでトレンド入りし、「島根の乱」という言葉まで生まれた。

   2021年2月25日、その丸山知事が直談判のために上京、関係省庁や国会議員などを回ったが、どこでもけんもほろろに近い扱いを受けた。しかし、丸山知事はぶれずに五輪開催の問題点を訴えて回ったのだった。

   なかでも注目されたのが、「知事を呼び出して注意する」と豪語していた「島根のドン」竹下亘・竹下派会長(74)との会談だったが......。

   丸山知事の「オトナの対応」に称賛の声が集まっている。

  • 記者からの質問がなくなるまで会見を続ける丸山達也知事(島根県公式サイトより)
    記者からの質問がなくなるまで会見を続ける丸山達也知事(島根県公式サイトより)
  • 記者からの質問がなくなるまで会見を続ける丸山達也知事(島根県公式サイトより)

島根ゆかりの「秘密結社 鷹の爪」も応援ラン

   地元・島根県では丸山達也知事への共感はうなぎ登りだ。丸山知事が「聖火リレーの中止を検討する」ことを明らかにしたのは2月17日だった。さっそく翌日には県庁に多くの反響が寄せられた。

   毎日新聞(2月18日付)「聖火リレー中止検討で島根に反響330件 『鷹の爪』アニメが代走」がこう伝える。

「島根県の丸山達也知事が県内での東京オリンピック聖火リレーの中止を検討すると表明したことが大きな反響を呼んでいる。県には18日午後2時現在で約330件の反響が電話やメールで寄せられた。島根にゆかりのあるアニメ監督、FROGMAN(本名・小野亮)さん(49)は代表作『秘密結社 鷹(たか)の爪』の登場人物『吉田くん』のツイッターを通じて『僕が代わりに走ってみました』と投稿。3万回以上が再生された」

   そして、「吉田くん」が国宝の松江城や浜田市の今福線・鉄道遺跡など県内14か所を走る写真を公開したのだ=写真参照

島根県ゆかりのキャラクター「吉田くん」が国宝の松江城をバックに走る。FROGMANさん作成の動画より((C)DLE)
島根県ゆかりのキャラクター「吉田くん」が国宝の松江城をバックに走る。FROGMANさん作成の動画より((C)DLE)

   県広聴広報課によると、「よくぞ言ってくれた」「応援しています」など丸山知事を支持する、肯定的な意見は7割。否定的な意見には「聖火ランナーの気持ちを考えて」「コロナが収まりつつあるからリレーはできるのでは」などの声があったという。

   そんな丸山知事が2月25日、上京して中央省庁などを回った。「聖火リレーの中止を検討する」と表明した理由を説明し、東京五輪の負担がいかに地方を圧迫しているかを訴え、さらに政府の不公平な支援の是正を要望するためだった。

   「島根の乱」の張本人の丸山知事を中央省庁、そして竹下亘衆院議員らはどう迎えたか。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中