2021年 10月 26日 (火)

話題の「DX」はデラックスじゃないよ! まだ間に合う50代からのIT大作戦【ひろ子ママの教訓 その43】

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   きょうは50代前半のGさんがいらっしゃっています。

「先日、会社でDX化していこうという流れになり、会議で思いっきり『デラックス? 何か特別にするの?』なんて発言してしまいましたよ。『デジタルトランスフォーメーション』というキーワードは聞いたことはありましたが、同じものだとは思っていなくて、恥ずかしかったな。横文字は苦手だし、正直ITも苦手です」

   たしかに、私も「DX=デラックス」の世代ですが、Gさん、さすがにそれはマズイですよ。

  • DXは身近なところから!
    DXは身近なところから!
  • DXは身近なところから!

デジタル トランスフォーメーションとは?

   そもそも何でDXを「デジタル トランスフォーメーション」って読むの? って方もいるでしょう。英語圏では、「Dデジタル Xトランスフォーメーション」のトランスが「X」で、それを省略して表しているのがDXというわけです。直訳すると、「デジタル変換」のことです。

   単なるIT化ではなく、「デジタルを活用してビジネスモデル自体を変革していく」ということですね。

   先日、「改正高年齢者雇用安定法」についてお話しましたが、日本の企業では社員の大半が40~50代が占めていたり、平均年齢が40代だったりという企業が多くなっています。そこで、この70歳までの雇用延長です。今後、さらにシニア人材がマジョリティになっていくことは明らかです。

   現在は「シニア」=「パフォーマンスが悪い」=「煙たがれる」そんなイメージが先行しています。確かにシニアからはイノベーションとか、デジタル化とか、そんな言葉は想像できませんけどね。

   ただ、この先の未来では、シニアという言葉の使われ方が変わっていくかもしれません。企業の動きや、日本社会の動きを待っていても遅いので、先に自らアップデートして必要があるのではないでしょうか。

   では、アップデートしていくには、どうしたらいいのでしょう。

ひろ子ママ (こまま・ひろこ)
ひろ子ママ (こまま・ひろこ)
仮想スナック「ひろこ」を経営
古代マヤ暦シンクロ協会認定講師、ライター
起業したい人・副業したい人が集まる50~60代限定の仮想スナックのママ。
ブログ:https://snackhiroko.hatenablog.com/
不動産業界での営業、教育業界でのコーディネーターなどを経て、組織や人材開発に携わりながら、コーチングも行っている。
鳥取県生まれ、東京在住。多拠点生活に向けて活動中。
Woman excite:https://woman.excite.co.jp/article/author/w_pinoco/
DAILY ANDS:https://daily-ands.jp/authors/573a7efc73f3212f79f6339b
「キャリア50」https://career50.jp/?s=ひろ子ママ
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中