2021年 4月 24日 (土)

そもそもDXとはなにか? たとえばAmazonでは......【まだ間に合うDXの基礎知識】(久原健司)

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   コロナ禍で、テレワークやオンラインで仕事をする企業が増えてきたこともあり、「DX(デジタルトランスフォーメーション)」が、注目されています。

   政府もDXを推進するために足かせになってきた「制約」を排除する動きが出始めているといわれていますし、コロナ禍でDXの広がりに加速度がついているようです。

   いよいよ身近になってきたDXですが、いま一つはっきりわからない。スッキリしない......。そんな人は少なくないようです。ITジャーナリストの久原健司さんに、いろいろと聞いてみました。

  • テレワークでDXが進んでいる!?
    テレワークでDXが進んでいる!?
  • テレワークでDXが進んでいる!?

DXを推進すればGDPを130兆円押し上げ

◆ なぜ今、DXが注目されているのでしょうか?

経済産業省が発表した「DXレポート ~ITシステム『2025年の崖』の克服とDXの本格的な展開~」によると、今のままでは「IT人材の不足」と「古い基幹システム」という2つの障壁が立ちはだかり、2025年から2030年までに、年間で最大12兆円の経済損失が生じる可能性があるとされていました。
しかし、DXを推進することができれば、2030年の実質GDP(国内総生産=725兆円。従来予測は593兆円)において、130兆円超の押上げを期待できるとされているのです。こうした状況から、日本でDXへの注目が集まっているわけです。

◆ そもそもDXとはどういう意味なのでしょう?

「DX」は、デジタル トランスフォーメーションの略称です。多くの方は、「IT化されていないところに対して、積極的にデジタルテクノロジーを取り入れてIT化を進めること」とイメージしているのではないでしょうか。
しかし、実際は単純にIT(情報技術)化するということではなく、「企業がビジネス、商品・サービス、文化、風土、人材の起用方法など、あらゆる要素を変革するためのデジタル活用」ということになります。
デジタル トランスフォーメーションは、2004年にスウェーデン・ウメオ大学のエリック・ストルターマン教授が提唱した言葉で、「ITの浸透が、人々の生活をあらゆる面でより良い方向に変化させる」ことと定義されました。
この時はまだ、「デジタルが大衆の生活を変える」程度の概念でした。その後、スマホがどんどん普及していくのに並行して、IT市場におけるクラウドコンピューティングの台頭、ビッグデータを処理できる環境が整ったことによるデータ分析ニーズの増加、AI(人工知能)及びIoT(モノのインターネット)技術の発展による業務自動化や効率化、そしてビジネスモデルの変革など、数多くのデジタルテクノロジーが企業を改革するうえで重要度を増していくことになり、現在ではビジネスの中心として存在しています。
こうした状況によって「デジタルが大衆の生活を変える」程度の概念しかなかったデジタル トランスフォーメーションが、注目を浴びるようになっているのです。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中