2021年 4月 20日 (火)

東日本大震災から10年 改めて「その時」を思い起こしてみると......【ひろ子ママの教訓 その45】

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   きょうは50代前半のSさんがいらっしゃっています。東日本大震災から10年経ったところですが、何か思い起こすことや学んだことはありますか?

   今回はSさんにお話を聞いていきたいと思います。

  • 東日本大震災から10年(写真は、「奇跡の一本松」)
    東日本大震災から10年(写真は、「奇跡の一本松」)
  • 東日本大震災から10年(写真は、「奇跡の一本松」)

開いているコンビニに「日本って、すごいなぁ」

「もう10年経ったんですね。ふだんは意識から正直薄れてきていますが、この時期になると思い出しますね。私は当時、東京のビルの15階で働いていましたが、これまでにない揺れを感じました。その時、子供は小学生。真っ先に頭によぎったのは、子供のことでした」

◆ 「お迎え」の助け合い行動

「子供の安全が気にはなったものの、すぐに職場から小学校まで駆けつけられる距離ではなかったので、結局は妻に任せることにしました。とは言え、なかなかケータイが繋がらず、繋がった時は『ほっと』しましたね。妻は自宅の最寄り駅から5駅離れたところで働いていて、小学校には比較的近かったのですが、電車が止まっていたので歩いて向かってくれました。それでもふだん歩かない距離なので2時間くらいかかったそうです。近所のママ友が子供も一緒に家に連れて帰ってくれていて、おやつをご馳走になっていたそうです。妻への感謝やご近所の『助け合い』のありがたさを実感しましたね」

◆ 自宅まで歩いて帰った記憶

「会社には電車が再開するのを待って帰宅しようと考えて残っている人が複数名いました。金曜日の出来事だったので翌日の土曜日に、自宅まで歩いて帰ることにしました。
自宅までたどり着くのに5時間くらいかかったと思います。ビジネスシューズで歩くのはさすがに足が痛くなってきたので、町の靴屋さんのようなお店でジョギングシューズを購入。履き替えて帰りました。大変な時でもお店を開けてくださっていたことに感激したことを思い出しました。途中コンビニに寄りましたが、おにぎりや水はほとんどなかった記憶です。こんな時でもコンビニが開いていることも日本ってすごいなと思いましたね」
ひろ子ママ (こまま・ひろこ)
ひろ子ママ (こまま・ひろこ)
仮想スナック「ひろこ」を経営
古代マヤ暦シンクロ協会認定講師、ライター
起業したい人・副業したい人が集まる50~60代限定の仮想スナックのママ。
ブログ:https://snackhiroko.hatenablog.com/
不動産業界での営業、教育業界でのコーディネーターなどを経て、組織や人材開発に携わりながら、コーチングも行っている。
鳥取県生まれ、東京在住。多拠点生活に向けて活動中。
Woman excite:https://woman.excite.co.jp/article/author/w_pinoco/
DAILY ANDS:https://daily-ands.jp/authors/573a7efc73f3212f79f6339b
「キャリア50」https://career50.jp/?s=ひろ子ママ
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中