2021年 8月 1日 (日)

テレワーク実施の4人に1人 社長との心理的距離「1万キロ以上」

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   新型コロナウイルスの感染拡大を契機に増えたテレワーク。在宅勤務などで仕事をしている人たちは、社長や上司、同僚らとの心理的距離(気持ちのうえでの距離)をどう感じているのだろうか――。

   平均して週2日以上テレワークをしている人に、社長との「気持ちのうえでの距離」を聞くと「違う都道府県にいる(500キロメートルくらい)」と回答した人が23.9%と最も多かった。

   JTBグループでさまざまなコミュニケーションサービスを提供している株式会社JTBコミュニケーションデザインの調べでわかった。3月23日の発表。

  • テレワーク多いと上司や同僚との「心理的距離」長く…
    テレワーク多いと上司や同僚との「心理的距離」長く…
  • テレワーク多いと上司や同僚との「心理的距離」長く…

頻度高いと上司との「距離」も長く

   社長との「気持ちのうえでの距離」について、2番目に多かった答えは、「別の部署、別のフロアにいる(30メートルくらい)」の21%。また、「違う星にいる(4億キロメートルくらい)」が14.4%、「海を隔てている、違う国にいる(1万キロメートルくらい)」が10.8%あり、二つを合わせ「1万キロ以上」の回答は25.2と、週2日以上のテレワーカーの4人に1人にとって社長は、宇宙や外国にいるのに等しい感覚のようだ=円グラフ参照

   「違う星にいる」という回答は、テレワーク日数が多いほど多く、「ほぼ毎日」の場合は18.3%。「テレワークの増加は、社長との心理的距離を遠ざける要因になることが推測される」と、JTBコミュニケーションデザインは指摘する。

   直属の上司との「気持ちのうえでの距離」をみると、「姿は見えているが、少し離れている(5メートルくらい)」が34%で最も多く、「すぐそばにいる(1メートルくらい)」の24%が2位。これらと「一心同体と感じる(0メートル)」(4.5%)と合わせ、「5メートル以内」でまとめると62.5%になり、社長に比べて、かなり近いと感じられているようだ。

   ただ、テレワークの日数別でみると、平均して週2日程度では、「すぐそばにいる」が32.3%と多いものの、ほぼ毎日の人では16.8%で、日数が多いほど上司との「気持ちのうえでの距離」が遠くなっている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中