2021年 4月 17日 (土)

コロナ禍で関心高まる移住・2拠点居住先、都民の人気は多摩、鎌倉・三浦

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   新型コロナウイルスの感染拡大の影響で関心が高まった地方移住やワーケーション。株式会社リクルート住まいカンパニーが、東京都内に暮らす約1万人を対象に「移住」もしくは「2拠点居住」したいエリアについて聞いたところ、移住したいエリアの1位は「東京都 八王子・奥多摩エリア」に、2拠点居住したいエリアは「神奈川県 鎌倉・三浦エリア」が1位になった。3月23日に結果を発表した。

   「東京都 八王子・奥多摩エリア」は2拠点居住したいエリアで、また「神奈川県 鎌倉・三浦エリアは移住したいエリアで、ともに2位だった。東京と神奈川の2か所が、移住・2拠点居住でワンツーになった。

  • 都内に暮らす人の「移住」希望1位は、やはり都内
    都内に暮らす人の「移住」希望1位は、やはり都内
  • 都内に暮らす人の「移住」希望1位は、やはり都内

3位以下に北海道、沖縄、九州

   移住したいエリアの3~5位は、「北海道 石狩エリア」、「沖縄県 離島・諸島エリア」、「福岡県 福岡エリア」と、北海道と九州地方が続いた。6位以下では、8位に「沖縄県 那覇エリア」が入ったほかは、神奈川、静岡、千葉と東京に近い3県のエリアが並んだ=下表参照

   2拠点居住したいエリアの3~10位では、5位と6位に「沖縄県 那覇エリア」、「沖縄県 離島・諸島エリア」が並び、9位に「北海道 石狩エリア」が並んだほかは、神奈川県2エリアと静岡、長野、千葉各県のエリアと、やはり東京から訪ねやすい場所が多くなった。

   「移住・2拠点居住したいエリアランキング」を、年代別にみてみると、20~50代では「東京都-八王子・奥多摩エリア」と「神奈川県-鎌倉・三浦エリア」のワンツーは共通で、20代と30代では「東京都 八王子・奥多摩エリア」が1位、40代と50代では「神奈川県 鎌倉・三浦エリア」が1位だった。

   60代では、1位が「静岡県 伊豆エリア」。2位と3位が「神奈川県 鎌倉・三浦エリア」と「神奈川県 箱根・足柄エリア」で、「東京都 八王子・奥多摩エリア」は4位だった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中