2021年 8月 4日 (水)

日本「ジェンダーギャップ指数」120位 改善スローでどんどん後退

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   日本の2020年の「ジェンダーギャップ指数」は、世界156か国のうち120位と過去2番目に低かった。ただ、前年と比べると、わずかながら改善した。

   また、主要7か国(G7)の中では最も低く、東アジア・太平洋地域の国々の中では最下位だった。

   官民の協力で世界情勢の改善に取り組んでいる国際機関、世界経済フォーラム(WEF、本部=スイス・コロニー)が「グローバル・ジェンダー・ギャップ・レポート(世界男女格差指数)」を、2021年3月31日に発表した。

  • 日本の「ジェンダーギャップ指数」は世界120位
    日本の「ジェンダーギャップ指数」は世界120位
  • 日本の「ジェンダーギャップ指数」は世界120位

「政治参加」に遅れ 147位

   調査によると、日本の指数(0が最低、1が最高)は0.656。15年前(2006年)の調査からは0.011プラス、2019年からは0.003プラスと改善した。

   しかし、首位のアイスランドは0.892で、15年前から0.111プラス、前年から0.016プラスと改善していたり、2位のフィンランドは0.861で、15年前からは0.065プラス、前年からは0.029プラスとなっている状況などと比べると、日本では改善ペースが鈍く先進国グループから遅れをとっている格好だ。

   周辺国をみると、15年前は日本より下位だった韓国は、15年前からは0.071プラス、前年からは0.016プラスとなり、今回は0.687で102位。中国は15年前から0.026プラス、前年からは0.006プラスの0.682で107位だった。

   日本の分野別指数をみると、とくに政治参加の改善が進んでいない。国会議員に占める女性の割合9.9%で140位、閣僚の割合は10%で126位となり、政治参加のランキングは147位だった。

   経済分野での参加機会では117位、教育機会は92位、医療へのアクセスは65位だった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中