2021年 6月 18日 (金)

PEが狙う日本企業 英CVCの東芝への買収提案はすんなり通るのか?【馬医金満のマネー通信】

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

個人投資家はもう少し日本株に注目したほうがいい

   二つ目は、個人投資家はもう少し日本株に注目したほうがいいのではないか、ということです。

   今回の事例のように、米KKR(コールバーグ・クラビス・ロバーツ)やCVCというグローバルの名だたるPE(Private Equity=プライベート・エクイティ)ファンドは、日本の投資に拍車を掛けているという現状があります。

   特にKKRはアジアに新ファンドを組成し、日本に向けた投資額を引き上げているといったニュースが、最近ありました。

   基本的に日本の株価は割安な銘柄が残っている印象があり、そういった会社に対して今後PEやアクティビストが攻勢を仕掛けていくんじゃないかと見ています。

   なので、今後を見据えて日本株も仕込んでおくことをオススメしたいと考えています。

   ではまた来週!(馬医金満)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中