2021年 10月 26日 (火)

大阪に続き愛媛も聖火リレー中止 NYタイムズが「コロナ拡大の日本で五輪を開くのは最悪のタイミング」と引導渡す

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   聖火リレーが始まっても一向に盛り上がらない東京五輪・パラリンピックの開催機運。そんななか、大阪府に続き、愛媛県も聖火リレーの中止を決めた。新型コロナウイルスの感染拡大を恐れてのことだ。

   一方、米の有力紙ニューヨーク・タイムズが、

「コロナワクチンの接種が進んでいない日本で、今五輪を開くのは最悪のタイミングだ。一大感染イベントになってしまう」

   と警告を発した。

   ネット上では、愛媛県知事とニューヨーク・タイムズに称賛の声が起こっている。

  • 聖火リレーの中止を決めた中村時弘・愛媛県知事
    聖火リレーの中止を決めた中村時弘・愛媛県知事
  • 聖火リレーの中止を決めた中村時弘・愛媛県知事

県内初の変異株の死者を重く受け止めた愛媛県知事

   大阪府の吉村洋文知事に続き、愛媛県の中村時広知事が松山市内での聖火リレーの中止を発表したのは2021年4月11日だった。

   地元メディアのテレビ愛媛(4月12日付)「変異株で初の死亡例 松山市の聖火リレー公道走行を取りやめ」が、その背景をこう伝える。

「愛媛県は4月11日に新型コロナウイルスに感染し自宅療養していた50代の患者1人が死亡したと発表しました。変異株の感染者では県内初の死亡です。また、4月21日に迫った聖火リレーについて、松山市内では公道での走行を取りやめる方向で調整中であることも明らかにしました。愛媛県内では11日、新たに17人の感染が確認されました。地域別では松山市で11人、宇和島市で4人などとなっています」

   つまり、愛媛県内で初めて変異ウイルスによる死者が出たことを重く受け止めたのだった。テレビ愛媛はこう続ける。

「中村知事はこう語りました。『決して減少している兆候が見られているわけではない。全く変わってない。まだ高い水準が維持されていると受け止めていただきたい』。3月27日以来16日ぶりに感染確認が20人を下回りましたが、中村知事は県内の感染状況は高い水準が続いているとし、改めて気を緩めないよう注意を呼びかけました。また、愛媛県は自宅療養していた50代の感染者が、11日に容態が急変し搬送先の病院で死亡したと発表しました」

   患者は、医師の判断と本人の意向で自宅療養していたが、保健所が毎日健康観察をし、発熱などの症状はあったものの症状は落ち着いていた。それなのに容体が急激に悪化したことに衝撃を受けたのだ。

   中村知事は、松山市の公道でのリレーを取りやめるばかりか、城山公園で開催される到着式も一般の観覧者を入れない形で実施する考えを示した。そして、大阪府では取りやめたリレーを万博公園で代替する措置をとったが、そのような代替方法も行わないと言明したのだった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中