2021年 10月 23日 (土)

選択的週休3日制の是非 あなたは給料が減っても「休み」を選びますか?

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   希望すれば週3日の休みが撮れる仕組み「選択的週休3日制」について、政府が導入に向けた検討を始めた。

   新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、テレワークや時差出勤などが急増するなか、多様な働き方を広げようという狙いだ。ただ、週休3日制によって給与が大幅に減少するのではないか、などといった懸念も多く、慎重な議論が求められそうだ。

  • 週休3日の休みが取れれば、旅行に出かけられるけど……(写真はイメージ)
    週休3日の休みが取れれば、旅行に出かけられるけど……(写真はイメージ)
  • 週休3日の休みが取れれば、旅行に出かけられるけど……(写真はイメージ)

休みを増やして観光業を支援

「育児や介護、闘病など生活と仕事の両立を図る観点からも、多様な働き方を推進することは重要だ」

   加藤勝信官房長官は2021年4月5日の記者会見で、選択的週休3日制の導入に積極的な姿勢を見せた。コロナ禍によって、さまざまな働き方が始まったことをきっかけに、仕事と生活のバランスが取れた生き方を広げようという目的だ。同時に、労働力不足という深刻な問題の解消につなげたいという思惑があるともみられている。

   実際、選択的週休3日制が広く認められるようになれば、子育てや親の介護で仕事の家庭生活の両立に悩む人が仕事を辞めなくて済む可能性がある。

   コロナ禍でテレワークが広がり、

「通勤に費やしていたムダな時間が有意義に使える」
「家族と過ごす時間が増えた」

などと好意的に受け止める人は多く、週休3日制が豊かな暮らしに結びつくといった期待は大きい。

   また、地域のボランティア活動に参加したい人が週休3日制を選択すれば、地域の活性化につながる可能性もある。休みが多くなれば旅行者が増えるとの見方もあり、コロナ禍で苦境に陥っている観光業界を支援することにもなる、との声も出ている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中