2021年 7月 29日 (木)

メーガン妃のいない今がチャンス!? 単身帰国中のハリー王子を待ち受けていたのは......(井津川倫子)

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   英エリザベス女王の夫、エディンバラ公フィリップ殿下の葬儀に、王室から離脱した孫のハリー王子が参列するとあって、世界中のメディアがザワついています。

   つい先日、英王室で「人種差別があった」などと告発した衝撃インタビューの余韻がくすぶるなか、果たしてハリー王子とロイヤルファミリーの仲は修復できるのでしょうか?

   第2子を妊娠中のメーガン妃を米国に残し、単身で英国に帰国したハリー王子を待ち構えていたのは......。

  • フィリップ殿が亡くなり悲しみに暮れるロンドン
    フィリップ殿が亡くなり悲しみに暮れるロンドン
  • フィリップ殿が亡くなり悲しみに暮れるロンドン

「たった30人の身内」に選ばれたハリー王子

   99歳で亡くなった故フィリップ殿下の葬儀は、ロンドン西郊ウィンザー城内で、国葬ではなく、近親者らごく少人数の参列者のもとに営まれることになりました。

   通常であれば、国内外の要人ら数百人の参列を見込むそうですが、英国では新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、一般的に葬儀への参列者を30人以内と定めており、王室もこの規則に従った形になります。

   参列者がたった30人という「厳選メンバー」に絞られたため、ボリス・ジョンソン首相や、ウイリアム王子とキャサリン妃の3人の子どもたちも「参列を見送る」という事態に。そんななか、英王室の公務から離れて米国に暮らす孫のハリー王子が、無事「厳選メンバー」の待遇を得て葬儀に参列できることになり、その一挙手一投足に注目が集まっています。

   妻のメーガン妃は妊娠中のため、医師の助言に基づき参列しないことに。単身で米カリフォルニアからロンドンに帰ってきたハリー王子でしたが、プライベートジェットではなく一般の航空機で帰国した王子を待ち構えていたのは、新型コロナウイルスの「洗礼」でした。

Prince Harry must self-isolate for five days
(ハリー王子は5日間「自主隔離」しないといけない)
Prince Harry Is in Quarantine at Frogmore Cottage Ahead of Prince Philip's Funeral
(フィリップ殿下の葬儀に向けて、ハリー王子はフログモアコテージで隔離中だ)
self-isolate:自主隔離
quarantine:隔離

   元王室メンバーといえども特別対応とはならないようで、ハリー王子も一般の海外からの渡航客と同じ扱いを受けているようです。政府のルールに従って、まずは5日間の「自主隔離」生活に入ったハリー王子。現地メディアによると、隔離の場所としてロンドンではなく郊外の「元自宅」を選んだ理由は、「よりプライバシーを守れる環境だから」だそう。

   確かに、ハリー王子にとっては、メディアに追われることもなく、他のロイヤルファミリーと顔を合わせることもなく、ゆったりと隔離生活を送れる郊外での「quarantine」は、あらゆる面でメリットがある「一石二鳥」の選択のようです。

kaisha_20170303104637.png
井津川倫子(いつかわりんこ)
津田塾大学卒。日本企業に勤める現役サラリーウーマン。TOEIC(R)L&Rの最高スコア975点。海外駐在員として赴任したロンドンでは、イギリス式の英語学習法を体験。モットーは、「いくつになっても英語は上達できる」。英国BBC放送などの海外メディアから「使える英語」を拾うのが得意。教科書では学べないリアルな英語のおもしろさを伝えている。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中