2021年 10月 26日 (火)

小池都知事VS丸川五輪相のバトル再燃! 五輪あと90日、呆れたドタバタ劇に「もう中止したら」の声(2)

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   東京五輪・パラリンピックまで、あと90日を切るなか、呆れたバトルが始まった。政府の責任大臣である丸川珠代五輪担当相(50)が、主催者である東京都の小池百合子都知事(68)に対し、

「東京都の新型コロナ対策の医療体制はどうなっているの!」

と噛みついたのだ。

   2人は5年前の都知事選から「犬猿の仲」で知られるが、背景には都議選への思惑もあるという。いったいどうなっているのか――。東京五輪は、本当にやる気があるのか!

  • 丸川珠代五輪担当相を鼻であしらった小池百合子都知事
    丸川珠代五輪担当相を鼻であしらった小池百合子都知事
  • 丸川珠代五輪担当相を鼻であしらった小池百合子都知事

都議選をめぐる因縁の2人の探り合い

   現在の、東京都の小池百合子知事が自民党に反旗を翻して初当選した2016年の都知事選では、自民党都連の幹部である丸川珠代五輪担当相は、自民党候補を応援、街頭演説で、

「小池さんのようなスタンドプレーの大好きな人間に、日本の首都は任せられません!」

と激しく批判していた。今回はその「因縁のバトル」が表面化した。

   その背景には、東京五輪の直前に行われる東京都議選の思惑があると分析するのは、スポーツニッポン(2021年4月28日付)「丸川五輪相、小池都知事に苦言 五輪時の医療体制問い合わせも無回答『戸惑っている』」である。

「小池都知事は丸川氏の(自分への批判)発言について、報道陣に『既に実務的に詰めている。連携しながらやっていくことなので、コミュニケーションを取る必要がある。安全安心な大会にすべく、それぞれが力を出していく』と強調。苦言への答えを避けた印象だ」

   まずは、小池都知事は丸川五輪相の攻撃を軽くいなした形で、スポーツニッポンはこう続ける。

「小池氏の言動は五輪開催直前となる都議選(7月4日投開票)も関係していそうだ。自民党都連の顔でもある丸川氏と、同党に弓を引く形で知事選に打って出た小池氏は犬猿の仲。失地回復を目指す自民党と公明党が再接近したが、地域政党『都民ファーストの会』特別顧問の小池氏は情勢を見極めているとみられ、都議選対応を明確にしないでいる。五輪時の医療提供体制の考えについても、中止決定も視野に入れ、批判を招く(前のめり姿勢)と映らないよう回答を留保しているのではと指摘する声も出ている。丸川氏の苦言は『小池ステルス戦略』をあぶり出す神経戦の側面もありそうだ」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中