2021年 6月 14日 (月)

企業の決算発表がピーク 日経平均株価は上値重く(5月10日~14日)【株と為替 今週のねらい目】

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   新型コロナウイルスの3度目の緊急事態宣言の期限が延長され、また、まん延防止等重点措置を含み一部の地域に拡大した。変異ウイルスの影響もあり、大阪府や東京都などでは感染者数がなかなか減らない。

   そうしたなか、上場企業の2021年1~3月期決算の発表がピークを迎える。週初から200社近い企業の決算発表があり、週末には900社超もの決算が予定されている。決算発表後に銘柄の物色が強まってくるため、日経平均株価の方向感は定まりにくい。

   一方、ドル円相場は米国のワクチン接種の拡大を背景に、景気回復への期待が広がっており、ドル買い・円売りは継続しそう。さて、どうなる!? 今週の株式・為替マーケット!

  • 上場企業の決算発表はピークを迎える(写真は、東京証券取引所)
    上場企業の決算発表はピークを迎える(写真は、東京証券取引所)
  • 上場企業の決算発表はピークを迎える(写真は、東京証券取引所)

東京株式市場 2万9000円台に回復

日経平均株価予想レンジ:2万9000円~2万9600円

2021年5月7日(金)終値 2万9357円82銭

   今週の東京株式市場の日経平均株価は、上値の重い展開となりそうだ。

   前週の日経平均株価は、2万9000円台を回復した。ゴールデンウィーク明けの2営業日の取引だったが、米国株式の上昇を好感した。ただ、2万9000円台半ばからは上値の重い展開となった。

   国内での新型コロナウイルスのワクチン接種が進まないことが嫌気材料となっている。

   今週の日経平均株価は、上値の重い展開となりそうだ。企業の3月決算の発表がピークを迎えることから、個別株中心の動きが予想される。週末14日には約1000社が決算発表を行う予定だ。

   米国株上昇の背景には、新型コロナウイルスのワクチン接種が進んでいることで、米国経済に回復の兆しが強く現れていることがある。だが、国内でのワクチン接種は遅々として進んでいないことから、日経平均株価の上値が重くなっている。また、銅相場など国際的に商品市況が上昇しており、関連銘柄への影響には注意が必要だ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中