2021年 6月 17日 (木)

働き方改革、9割近くの企業で実施 有休取得奨励、残業削減、時短が3本柱

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   就職情報サービスの株式会社学情が、企業の人事担当者を対象に「働き方改革」についてアンケートを行ったところ、「働き方改革」に「全社的に取り組んでいる」と答えた企業は78.2%にのぼることがわかった。5月7日の発表。また、「部署、期間などを限定し、試験的に取り組んでいる」と答えた企業は9.5%で、全社的に取り組んでいる企業と合わせて87.7%と、9割近い企業が何らかの形で「働き方改革」に取り組んでおり、重視している。

  • 改革前は「全館」で残業も…
    改革前は「全館」で残業も…
  • 改革前は「全館」で残業も…

「全社的に取り組んでいる」企業は78.2%

   働き方改革の具体的な取り組み内容について聞く(複数回答)と、「有給休暇取得の奨励」が91.4%で最多。次いで「時間外労働(残業)の削減」の83.1%、「長時間労働の是正」の74.8%と続いた。新型コロナウイルス対策として導入が推奨されている「テレワークの実施」は66.1%、「兼業・副業の解禁」は10.5%だった=下図参照

   「働き方改革」の推進により、解決を期待している課題ついて(単一回答)は、「社員の定着における課題」が44.7%で最多。次いで、「経営における課題」の20.1%、「業績拡大における課題」の10.2%が続いた。

   調査では、休暇や時短をめぐる項目が上位を占めたが、回答者の人事担当者からは、

「20代社員の定着のためには、残業の削減など働く環境の改善が不可欠だと感じている」
「『残業=頑張っている』という評価をしないことで、業務効率化や生産性向上を図りたい」
「決められた時間で成果を上げる意識を醸成することで、業績向上にも繋げたい」

といった声が寄せられた。

   学情では「『働き方改革』を通して、『社員の定着』や『生産性の向上』を図りたいという意向がうかがえる」と分析している。

   なお調査は、2021年4月19~23日、企業の人事担当者を対象にインターネットで実施。357人から有効回答を得た。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中