2021年 6月 25日 (金)

株価急落、遠のく3万円台 米国の長期金利が波乱要因(5月17日~21日)【株と為替 今週のねらい目】

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   東京株式市場の日経平均株価が急落。米国でインフレ懸念が膨らみ、長期金利が上昇したことが波乱要因となった。一方、ドル円相場は、米連邦準備制度理事会(FRB)が金融緩和策の長期化方針を堅持。引き続き、ドルに下押し圧力がかかりやすい状況が続いている。

   どうなる!? 今週の株式・為替マーケット!

  • あぁぁ 株価がどんどん下がって……
    あぁぁ 株価がどんどん下がって……
  • あぁぁ 株価がどんどん下がって……

東京株式市場 米インフレ進行に警戒

日経平均株価予想レンジ:2万7500円~2万8500円

2021年5月14日(金)終値 2万8084円47銭

   今週の東京株式市場の日経平均株価は、底堅い展開か。

   前週の日経平均株価は、5月11~13日の3日間で2000円を超える下げとなった。週末にかけて上げに転じたものの、上値の重い展開となった。

   今週の日経平均株価は、底堅い展開か。12日に発表された米国の4月の消費者物価指数が市場予想を大幅に上回ったため、インフレ進行を警戒し、米長期金利が上昇。米国株が大幅な下げとなった。

   これを受け、前週の日経平均株価は大きく値を下げたが、米国でのインフレ懸念はいったん後退していることから、今週は大きな下げはなさそうだ。ただ、米国の経済指標の結果には神経質となっているため、引き続き、米国株や米国の長期金利の動向には注意が必要だ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中