2021年 6月 23日 (水)

キャンプでも「生原酒」が飲める! 日本盛とモンベルのコラボ商品、人気の理由は?

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   「生原酒ボトル缶」で知られる日本盛と、アウトドア総合メーカーのモンベルのタイアップ商品「日本盛×mont-bellオリジナルおちょこ付きクージーと生原酒ボトル缶セット」がネット上で注目を集めている。

   日本盛の主力商品と、保冷・保温効果を高めるモンベルのクージー、そして日本文化を象徴する「おちょこ」を組み合わせたこの商品。昨年4月から7月、10月の3回にわたって限定販売し、いずれも完売しているほどの人気ぶりだ。

   そして第4弾となる2021年5月17日には1000セットの商品を販売し、わずか40分で完売。なぜこんなにも好評なのか――。会社ウォッチ編集部は20日、日本盛の広報担当者を取材した。

  • 屋外で「生原酒」が楽しめる
    屋外で「生原酒」が楽しめる
  • 屋外で「生原酒」が楽しめる

社長同士が「一緒に何かできたらおもしろい」

   日本盛とモンベルのタイアップは2019年6月、「日本盛 生原酒 200mlボトル缶 mont-bellデザインボトル」から始まった。

   日本盛の広報担当者によれば、日本盛の森本太郎社長とモンベルの辰野岳史社長は昔から親交があり、「一緒に何か取り組みができたら、おもしろい」と考えていたという。

   商品タイアップの経緯について担当者は、

「弊社商品の『生原酒ボトル缶』は、リキャップができて、軽くて持ち運びに便利という特性があります。お客様からは『アウトドアシーンでの飲用に非常に適した商品』とのお声があり、バーベキューやキャンプ、お花見、花火大会など屋外で楽しんでいただくことが多いです。
そこでモンベルさんに商品をご紹介したところ、モンベルさんの商品開発コンセプトにも合致することから、『生原酒ボトル缶』のモンベルデザインボトルを発売することになりました」

と話す。

   「生原酒ボトル缶」はそのまま飲むことはもちろん、料理酒として使用することもできる。

   日本盛はモンベルとタイアップを始めた19年からアウトドア、特に「キャンプ」に重点を置いた飲用啓発を行っている。担当者は、その背景を次のように話す。

「きっかけの一つに、2019年は第3次アウトドアブームが盛り上がり始めた時期というのがあります。それまでは『日本酒を飲む人』の市場で消費者やマーケットを取り合っているような状態でした。
そこで市場の縮小を防ぐため、『お酒は飲むけど、日本酒は飲まない人』という層へアプローチを検討。お酒を飲む機会が多い、キャンプをはじめとしたアウトドアにおける飲用啓発に力を入れるようになりました」

   日本盛ではモンベルとのタイアップのほかに、キャンプフェス(音楽ライブなどのキャンプイベント)への出店、ボトル缶のキャップを使った「キャップ飯」の提案、キャンプ場でのサンプリング、SNSを使ったキャンプに関するキャンペーンといった取り組みをしている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中