2021年 6月 17日 (木)

雑談、プレゼン...... 朝礼に通じる「話し方」のコツ【朝礼のネタ本はこれだ!】

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   会社で朝礼があり、毎日何かを話さなければならない役職者にとって、ネタ探しは大変だろう。そんな人のために、5月は「朝礼のネタ本」を随時紹介していきたい。

   朝礼に役立つ、さまざまな本を紹介してきたが、「話し方」というアプローチから参考になりそうな本を探してみた。

   本書「世界最高の話し方」は、朝礼に限らず、多くのビジネスシーンで使えると思った。

「世界最高の話し方」(岡本純子著)東洋経済新報社
  • リーダーは「オーラ」をまとっている……(写真はイメージ)
    リーダーは「オーラ」をまとっている……(写真はイメージ)
  • リーダーは「オーラ」をまとっている……(写真はイメージ)

相手に「関係」「関心」「価値」あるネタを

   著者の岡本純子さんは、1000人以上の社長、企業幹部の話し方を変えた「伝説の家庭教師」と呼ばれる。読売新聞社、電通パブリックリレーションズを経て、株式会社グローコムを立ち上げ、エグゼクティブ向けのコミュニケーションコーチをしている。

   「話し方」全般について、50のルールを挙げている。その中から「朝礼」に役立ちそうなものを紹介しよう。

   まずは、ネタ探しのコツから。雑談のネタ探しも朝礼のネタ探しと同じだ。相手に「関係」「関心」「価値」のある3つのネタが喜ばれる。

(1)「大ヒット商品の法則」で、相手が喜ぶ話のネタを見つける
   相手に「関係」のある5つの切り口だ。「身近」で、その「悩み」や「損得」に関わり、「便利」で「影響」を及ぼすネタだという。

(2)「スキャンダルの法則」で、相手の「関心」をわしづかみにする
    流行、有名、苦労・失敗・葛藤、感情、告白、変化といった要素のあるネタだ。こんな例を挙げている。

「大ヒット中の映画〇〇は絶対見ないと損」
「トヨタの次世代カー」
「感染者が半分に減った」

(3)「おれ、すごいぞ」ではなく、「あなたはすごい」を伝える
   聞き手が耳にしたいのは、「話し手の価値」ではなく、「聞いている自分の価値」だ。「徹底的な相手目線」を貫き、脱「自己アピール」の話し方を、と説いている。

   これらの前提として、岡本さんは「何を話したかは忘れても、何を感じたかは一生残る」と書いている。興味のない話をすれば共感は生まれない。人は「自分が聞きたい情報だけ」を受け入れるからだ。昔話、説教、自慢話は厳禁だ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中