2021年 6月 21日 (月)

関西ペイントが抗ウイルス商材の新ブランドを立ち上げ 漆喰塗料活用の卓上ボードや床マット【コロナに勝つ!ニッポンの会社】

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   消臭・防臭効果が知られ、古くから建物の壁に使われてきた漆喰(しっくい)。塗料大手の関西ペイント株式会社が、その性質を生かした漆喰塗料を開発。コロナ禍の2020年、漆喰塗料に新型コロナウイルスの感染力を失わせる効果があることを確認し、新たなビジネスに乗り出した。

   漆喰塗料を活用した抗ウイルス製品の統合ブランド「ANTIVIRUS TECHNOLOGY(アンチウイルステクノロージー)」を立ち上げ、生活用品や防災関連など幅広い分野での展開をスタートした。このブランドを担当している関西ペイント販売株式会社の建築塗料販売本部、岩崎浩行副本部長と桂川有加係長に聞いた。

  • 「ANTIVIRUS TECHNOLOGY」ブランドで急きょ発売した卓上ボード
    「ANTIVIRUS TECHNOLOGY」ブランドで急きょ発売した卓上ボード
  • 「ANTIVIRUS TECHNOLOGY」ブランドで急きょ発売した卓上ボード

塗料以外のコンシューマー市場に初進出

   「しっくい」にちなんで4月9日に立ち上げた「ANTIVIRUS TECHNOLOGY」ブランドは、関西ペイントにとって初の塗料技術を生かした派生商品群ブランドであり、塗料以外の市場への挑戦という。

   商品ラインアップは、机やテーブルに置く間仕切り「抗ウイルス〈置くだけ〉卓上ボード」、階段の手すりやドアノブなどに貼る「接触感染対策テープ」、「接触感染対策シート」、床などに敷く「抗ウイルス〈置くだけ〉マット」、はずしたマスクをしまう「抗ウイルス〈はさむだけ〉マスク」の5種類。いずれも漆喰塗料をコーティングした紙や布を使った商品で、付着したウイルスを短時間で死滅させるため、飲食店などで使われているアクリル板に必要なアルコール消毒は不要だ。

関西ペイント販売の建築塗料販売本部、岩崎浩行副本部長
関西ペイント販売の建築塗料販売本部、岩崎浩行副本部長

   5種類の商品のうち「卓上ボード」は、政府・自治体が飲食店に飛沫防止策を求めた「まん延防止等重点措置」に応じて、2021年4月23日に急きょ発売。「販売先は飲食店をイメージしていたが、実際の注文は企業が多い。飲食店が3に対し、事務所が7の感覚」と、岩崎浩行副本部長は販売状況を説明する。

   桂川有加係長は、「素材はすべてダンボール。用途に合わせてカットして使用することも可能で、また捨てるのも簡単」と、加工や処理が容易であることを強調した。

   ラインアップした商品の一部は、ブランド立ち上げ前から製造・販売しており、岩崎副本部長によると2020年度に一定の売上実績を築いた。それを土台にして「ブランド製品すべてで年間7億円の売り上げを目標にしている」と述べた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中