2021年 6月 23日 (水)

ローソン「街の本屋さん」に名乗り 9000タイトルそろえ書店併設1号店オープン

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   コンビニエンスストアチェーンのローソンが、出版物取次大手の日本出版販売株式会社と連携して、書店を併設した店舗の展開に乗り出した。

   新ブランド店舗「ローソン マチの本屋さん」で、埼玉県狭山市で既存店を改装した1号店を2021年6月3日にオープンした。

  • 「ローソンマチの本屋さん」の店舗外観イメージ
    「ローソンマチの本屋さん」の店舗外観イメージ
  • 「ローソンマチの本屋さん」の店舗外観イメージ

コロナ禍でニーズ高まる

   「マチの本屋さん」1号店はローソン狭山南入曽店。売り場面積約280平方メートルのうち4分の1の70平方メートルを書店部分に充てた。弁当やおにぎりなど約3500品目の通常のコンビニ商品に加え、約9000タイトルの書籍、ビジネス書、文庫本、雑誌などを販売する。

   ローソンは、これまでに地域の書店とコラボレーションした「書店併設型店舗」を、埼玉県・神奈川県・広島県で21店舗を展開。ローソンの2020年度(20年3月~21年2月)の書籍や文庫本などのカテゴリーの売上高は、前年実績を約2割上回った。

   同社では2014年から、小説や文庫本、ビジネス書など幅広い種類の本を取りそろえられるよう、専用の書籍棚の導入を始め、21年5月末時点で全国の約5000店舗で展開するなど書籍販売に力を入れている。

   ローソンによると、この数年、地域の書店の閉店が相次いでいるが、そうしたなか、コロナ禍での感染防止対策による在宅時間の増加に加え、緊急事態宣言による大型店の休業があり、近所でタイムラグなく本が手に入れられるニーズが高まっている。同社ではこうしたことを受け、「マチの本屋さん」を含む書店併設型店舗の拡大を目指すとしている。

   出版業界の情報を扱う文化通信によると、日本の書店数は2020年5月1日現在で1万1024店で、00年の2万1654店から20年間でほぼ半減した。また出版科学研究所によると、20年の紙と電子出版の合計推定販売額は、コロナ禍の影響による需要増もあり、前年比4.8%増の1兆6168億円。紙の出版物(書籍・雑誌)の販売額は同1.0%減の1兆2237億円だったが、19年と比べると下げ幅(4.3%)が縮小した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中