2021年 8月 4日 (水)

「2人の受験生を置いていくのか!」と夫も反対 夢だった海外赴任に悩む母親に「すぐ行っちゃえ!」とエール

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   長年の夢だった海外赴任の話が舞い込んできたワーキングマザー。

   しかし、彼女には超難関国立大学を目指す長男と、公立トップ高校を目指す2人の優秀な息子がいた。夫も、

「子どもが大事な時期に家庭を省みないのか!」

と反対した。

   ネット上では、

「夢に向かって突き進め!」「今すぐ海外に行っちゃえ!」

という応援エールと、

「子どもの幸せが一番です。あきらめなさい」

と諭す意見と賛否両論が起こっている。専門家に聞いた。

  • 長年の夢だった海外の職場に行けるか
    長年の夢だった海外の職場に行けるか
  • 長年の夢だった海外の職場に行けるか

妻の昇進や活躍を喜ぶよりも不機嫌になる夫

   話題になっているのは、女性向けサイト「発言小町」(6月12日付)に載った「長年の夢だった海外赴任が叶いそうですが、迷っています」というタイトルの投稿だ。

「48歳。高3と中2の男子を持つワーキングマザーです。外資系企業に勤めています。ずっと希望していた海外勤務の夢がもうすぐかないそうですが、迷っております。上の子は受験生、下の子も来年は受験生。長男は公立のトップ校に通っており、難関国立大学を目指して猛勉強中。次男も成績がよく、長男と同じ公立高校を目指して勉強をしています。親が勉強しなさいと言わなくても自主的に勉強する子どもたちなので、そこは助かっています」

   海外勤務は1年程度だが、単身赴任がベストだと思う。子供たちも、もう親離れ子離れしてもいい時期ではないかと思っている。仮に次男を連れて行っても、高校受験が終わった頃に帰国となり、希望している公立高校は一般入試しかないため入れない。何よりの問題は夫がよい顔をしないことだった。

「子どもの大事な時期に海外に行くとはあり得ない、といった感じです。私が働くこと自体は賛成していますが、キャリアを追い求めることはよしとしておらず、私の昇進や活躍について喜ぶよりもむしろ不機嫌になる人です」

と、迷いに迷っているようなのだ。

   この投稿には、6割以上の人が「夢をかなえよう!」「今すぐ海外に行っちゃいなさい!」とエールを寄せてきた。

「チャンスが再びある保証はあるのですか? 家族の都合を優先していたら、いつだって無理です。家族を信じて夢をかなえましょう。夫と息子にあなたの想いをしっかり伝えましょう。中高生なら、そう親の出番はありません。進学校ならしっかり進路指導もあるでしょうし、父親がいれば十分。1人海外でチャレンジしている母親と、オンラインで話すのは良い刺激になるのでは? 後々、家族のせいで夢をかなえられなかったと悔やんでも、その家族に感謝されることは一切ないと思いますよ」
「同じ年代の子がいます。下の子が中2というのが少々気にかかりますが、1年程度なら連れて行ってもいいと思います。公立高校の受験に間に合わなくても、海外留学の経験ができるし、私立なら編入できます。親子一緒にチャンスは生かしましょう!これ、夫さんなら迷いなく、海外赴任に行くわけだし、母親だからと諦めなきゃいけないのは不公平です」
「高校生と中学生の男子でしょ。旦那に任せて、とっとと単身で赴任すればいかがですか? 変に迷うと、女性は動かしにくいなんて悪評が立つかも。そうすると、あなたに続く若い女性たちのチャンスを潰します。赴任して拠点を構えたら、夏休みに子どもたちを来させるのです。留学も視野に入れて、現地の学校とか見せてあげればいいよね。早く行きなさい!」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中