2021年 7月 28日 (水)

文豪が残した「断謝離」とはなにか? 断り、謝り、離れるを紐解いてみる【尾藤克之のオススメ】

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   文豪の手紙には、面会の拒絶、借金の謝罪、亡き友への心からの追悼など、知られざる名文がたくさん残っています。

   本書は、太宰や啄木など日本を代表する文豪の書簡から、「断謝離」をテーマに彼らの素顔がよくわかる名文を紹介した一冊です。

「文豪たちの断謝離 断り、謝り、離れる」(岡昭彦/編集、高見澤秀/編集)秀和システム
  • 夏目漱石は「断り上手」だった?
    夏目漱石は「断り上手」だった?
  • 夏目漱石は「断り上手」だった?

はっきり断りたいなら漱石に学べ

   文豪中の文豪と言ってもいい夏目漱石は、ピシャリを言いつける文章に特徴があります。太宰治や芥川龍之介に比べて、金銭に苦労しなかったこともあり、特徴が際立っています。漱石の本名は夏目金之助です。現新宿区喜久井町(江戸牛込馬場下)に生まれます。夏目家は江戸の名主の家柄ですが、明治維新の混乱期にあって生家から養子に出されます。

   幼少期から頭がよく、府立一中(現日比谷高校)に入学し、大学予備門(東京大学の予備機関)にも合格し、生涯の友となる正岡子規と出会います。その後、帝国大学英文科に進学します。しかし、このころから近親者が相次いで亡くなったことにより、厭世主義(世の中を悲観的に見る考え方)となり、神経衰弱に陥ってしまいます。

   神経衰弱は現代の、うつ病、パニック障害、自律神経失調症などが該当します。英語の成績が抜群によかった漱石は大を卒業すると英語教師となり、松山中学校(現松山東高校)、第五高校(現熊本大学)で教鞭をとります。

   1895年に結婚し、1900年に文部省からイギリス留学を命じられ、ロンドンに暮らします。しかし、このときに神経衰弱が悪化します。1903年に帰国後は、東京帝国大学と第一高校(現東京大学)の英語教師になります。

   しかし、帝大の学生からは前任者・小泉八雲の留任運動を起こされ、一高では漱石が叱責した生徒が数日後に華厳の滝で入水自殺を果たすなど、神経衰弱の傾向がピークに達しました。その症状を和らげる気分転換のために書いた処女作が、「吾輩は猫である」です。

   翌年には「坊っちゃん」「草枕」など次々と話題作を発表します。その後、帝大を辞職し、朝日新聞社に入社して創作に専念、数々の傑作を残しました。

尾藤 克之(びとう・かつゆき)
尾藤 克之(びとう・かつゆき)
コラムニスト、著述家、明治大学サービス創新研究所客員研究員
代議士秘書、大手コンサルティングファームで、経営・事業開発支援、組織人事問題に関する業務に従事。IT系上場企業などの役員を経て現職。現在は障害者支援団体のアスカ王国(橋本久美子会長/故・橋本龍太郎元首相夫人)を運営。NHK、民放各社のテレビ出演、協力、経済誌などの掲載多数。著書は多く、近著に「頭がいい人の読書術」(すばる舎)がある。
経営学修士、経済学修士。東京都出身。
https://amzn.to/2vPNTze
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中