2021年 8月 4日 (水)

落ち着かない日経平均株価 米国株とワクチン接種で......(6月28日~7月2日)【株と為替 今週のねらい目】

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   東京株式市場の日経平均株価は米国株の下落を受けて、2021年6月21日に一時1100円超も急落したが、週末には2万9000円台に回復。乱高下した。不安定ななか、国内ではワクチン接種が加速しているものの、新型コロナウイルスの感染拡大はリバウンドの様相もあり、一進一退といったところ。

   一方。ドル円相場は米国のインフレ進行や雇用情勢によって再び利上げが早まる可能性がくすぶっており、リスク回避的なドル売りは抑えられそう。どうなる!? 今週の株式・為替マーケット!

  • コロナ禍、国内のワクチン接種も一進一退……(写真はイメージ)
    コロナ禍、国内のワクチン接種も一進一退……(写真はイメージ)
  • コロナ禍、国内のワクチン接種も一進一退……(写真はイメージ)

東京株式市場 米国株の動き次第で......

日経平均株価予想レンジ:2万8000円~2万9500円

2021年6月25日(金)終値 2万9066円18銭

   今週の東京株式市場の日経平均株価は、神経質な展開か。

   前週の日経平均株価は、乱高下した。日経平均株価は21日に一時1100円を超える下げとなり、2万7700円台に下落した。しかし、22日には値を戻し、週末にかけては2万9000円台を回復した。

   米国の金融政策正常化への疑心暗鬼な状況が、米国株の動向を通じて、日経平均株価にも大きな影響を与えている。

   今週の日経平均株価は、神経質な展開が続きそうだ。米国の金融政策正常化については、ニューヨーク連銀のウィリアムズ総裁が「経済の強さが金融政策を修正するにはまだ不十分」との見解を示したことで、落ち着きを取り戻してはいるが、不安定な状況が続いている。このため、米国の経済指標、特に週末には6月の米雇用統計の発表を控えているだけに、注意が必要だ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中