2021年 8月 4日 (水)

すれ違っただけで感染するインド型変異株 ルール破りのIOCと組織委に東京五輪を任せられるか!(2)

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   新型コロナウイルスの恐怖の変異ウイルスが、次々と世界各地で誕生している。ワクチン接種によって抑え込んだと思われて国々でも再び感染が拡大するありさまだ。

   なかにはなんと、すれ違っただけで感染する変異ウイルスもあるという。日本でも感染が急拡大しているインド由来の「デルタ株」がそれ。東京都をリバウンドに追い込んでいるウイルスだ。

   東京五輪・パラリンピックの強行によって世界中から、たちの悪いウイルスを呼び込んで大丈夫か、ニッポン!

  • 自ら感染防止規則を破った橋本聖子会長
    自ら感染防止規則を破った橋本聖子会長
  • 自ら感染防止規則を破った橋本聖子会長

ワクチン効果を5分の1にする「ラムダ型」

   このデルタ株よりもっとたちの悪いウイルスが最近、登場した。その名も「デルタ・プラス」株変異ウイルスと、南米を恐怖に陥れている「ラムダ型」変異ウイルスである。

   TBSニュース(6月28日付)「解説:ワクチン効かず?新たな変異『ラムダ株』」がこれらの変異ウイルスをわかりやすく、こう解説している――。

   《これまで日本で確認された変異ウイルスには、イギリス型の「アルファ株」、南アフリカ型の「ベータ株」、インド型の「デルタ株」、さらには「デルタ・プラス」などがある。世界的にみるとこれから驚異になりかねないのが、ペルーなどで猛威を振るっている「ラムダ株」だ。特徴は感染力が強く、抗体の働きを弱める可能性があることす。こうしたウイルスの新たな変異について、専門家とともに考える。

   まずアルファ株は従来型より感染力が1.32倍強い。ベータ株は感染力が1.5倍強い。デルタ株は1.95倍強い。今、問題になっているデルタ・プラス株は、インドではVOC(懸念される変異株)と危険視されており、加藤勝信官房長官も6月25日に「日本では37例確認されている」と発言している。

   インドでは攻撃力が高いとされ、少なくともデルタ株と同等の感染力を持つ。「プラス」とされる所以は、デルタ株より「ワクチンが効きにくく、防御力が高い」ということだ。

   松本哲哉・国際医療福祉大学主任教授は、

「日本では、7月半ばにアルファ型にデルタ株が逆転して主流になり、8月半ばにデルタ株一色に置き換わる。しかしその後、秋ごろにデルタ・プラス株に置き換わるのではないか」

とみている。

   「ラムダ株」とは、ペルーで初めて確認され、現在約80%を占める。南米を中心に29の国・地域で確認されている。感染力が高く、抗体の働きを弱める可能性がある。防衛医科大学病院の藤倉雄二准教授は、

「ラムダ株には『F490S』変異があり、抗体に影響を及ぼす可能性がある」

と指摘する。

   これは、ウイルスが細胞の中に侵入する「入口」に変異が起こるものでウイルスの侵入を防ぐ抗体が効きにくくなり、侵入しやすくなる。だから、ワクチンも効きにくくなるのだ。

   岡田晴恵・白鷗大学教授(公衆衛生学)は、

「従来株のワクチン接種が進んでも、この変異株が生き残っていくのではないか。また、新たなワクチンを開発しなくてはならず、イタチごっこになる心配がある。日本に入ってこないよう水際で食い止めることが大切だ」

と指摘する。》

   「ラムダ型」については、テレビ朝日(6月25日付)「南米で感染拡大『ラムダ型』これまでない変異 ワクチン効果低減か」では研究者の見方として、こう紹介している。

「ニューヨーク大学の多田卓哉博士研究員によると、ラムダ型にはこれまでにない変異が細胞との接続部分にあり、既存のワクチンの効果が弱くなる可能性があるということだ。『ラムダ型は3倍から4倍、ないしは5倍くらいワクチンの有効性が下がるのではないか』と指摘する」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中