2021年 8月 4日 (水)

スタートアップ企業から強い支持を得る! GMOあおぞらネット銀行、2021年度は法人分野に注力

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   インターネット専業銀行のGMOあおぞらネット銀行(東京都渋谷区)が、「スモール&スタートアップ企業向け銀行No.1」を掲げ、法人営業に注力する方針を打ち出した。

   2021年7月6日、セルリアンタワー東急ホテルで事業戦略発表会を開催。18年7月の事業開始から4年目を迎える同行は、2021年度を「第二創業期」と位置づけている。

  • GMOあおぞらネット銀行・代表取締役社長の山根武さん
    GMOあおぞらネット銀行・代表取締役社長の山根武さん
  • GMOあおぞらネット銀行・代表取締役社長の山根武さん

「スタートアップ企業」に照準!

   業戦略発表会に登壇したGMOあおぞらネット銀行の山根武社長は冒頭、過去3年間の実績を振り返り、当初の事業戦略に挙げていた個人・法人の両面における「No.1」を実現するに至らなかったことを、反省点として挙げた。 その要因は、

「当社の経営資源(資本力・マンパワー・システム開発力)にあった」

と言う。

   その一方で、業界最安水準の各種手数料や、法人デビットカード利用時の1%キャッシュバック、また口座開設における丁寧な対応が好評だったとし、「スタートアップ企業からの強い支持につながった」と胸を張った。

   また、24種類の銀行API(アプリケーション、プログラミング、インターフェースの略。銀行と外部の事業者を安全にデータ連携するための仕組みで、たとえば顧客の口座残高や入出金明細、口座振込や振替などと連携することができる)を無償提供するほか、開発キットを公式サイト上で開示するなどし、多くの企業の業務効率化やビジネス推進にて好評を得たと説明した。銀行APIを利用する契約企業は、137社超(2021年6月末時点)を誇る。

   新型コロナウイルスの感染拡大の影響によって、DX(デジタルトランスフォーメーション)が加速するなか、2021年度は「第二創業期」と位置づける。中長期戦略として、

(1)スモール&スタートアップ企業向け銀行No.1
(2)組込型金融サービスNo.1
(3)テックファーストな銀行No.1

の3つの柱を掲げ、「ネット企業の銀行サービス」として法人分野に注力するとしている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中