2021年 7月 31日 (土)

これもコロナ禍ならでは? クルマの利用増えてKeePer技研が好調(慶応義塾大学 も~り~さん)【企業分析バトル】

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   【4本目】みなさん、こんにちは! 慶応義塾大学のも~り~です。

   今回自分が選んだ銘柄は「KeePer技研」(6036)。この銘柄の事業内容は主に、カーコーティングの材料・道具や機械などを幅広く販売。またBtoB事業だけでなく、一般の消費者にコーティングなどのサービスを、直接提供する直営店やフランチャイズ(FC)店舗も展開しています。

  • ピカピカのクルマは気持ちがいい(写真はイメージ)
    ピカピカのクルマは気持ちがいい(写真はイメージ)
  • ピカピカのクルマは気持ちがいい(写真はイメージ)

カーコーティングの需要が膨らんだ

   なかなかニッチなところを取り上げたと思われる方もいるかもしれませんが、毎月、月初に発表される月次報告からわかるように、コロナ禍でますます業績が拡大しています。

   コロナ禍で人との接触が避けられるようになり、これまで移動手段として電車を利用していた人が、通勤もしくは買い物などのためにクルマを使う場合が増えました。

   その結果、洗車・クルマのメンテナンスの機会が増え、カーコーティングの需要が大きくなったと推測できます。

   上表は同社の決算説明資料で、その内容を見ていくと、コロナ禍でも売上高前期比約29%増・経常利益も約112%増となっており、コロナ禍が逆風どころか追い風になっていることがわかります。

   新車販売が低調に推移していることから、自動車関連業界も決して恵まれたものではないのに、この業績拡大は、同社のサービス品質・顧客の満足度の高さを表していると言えるでしょう。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中