2021年 7月 28日 (水)

東京五輪は無観客、4度目の緊急事態宣言で株価の上値重く......(7月12日~16日)【株と為替 今週のねらい目】

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   新型コロナウイルスの感染拡大が止まらず、東京都と神奈川県、埼玉県、千葉県には4度目の緊急事態宣言が発令され、東京五輪・パラリンピックの無観客開催が決まった。

   米国株も、米景気回復が後退するとの見方が強まったことで急落。これらが日経平均株価の足を引っ張った。プラス材料が見当たらず、上値は重そう。同様に、ドル買いの材料は乏しい。

   どうなる!? 今週の株式・為替マーケット!

  • 4度目の緊急事態宣言、変異ウイルスが拡大か!?(写真はイメージ)
    4度目の緊急事態宣言、変異ウイルスが拡大か!?(写真はイメージ)
  • 4度目の緊急事態宣言、変異ウイルスが拡大か!?(写真はイメージ)

東京株式市場 12日から、4度目の緊急事態宣言

日経平均株価予想レンジ:2万7500円~2万8500円

2021年7月9日(金)終値 2万7940円42銭

   今週の東京株式市場の日経平均株価は、上値が重い展開か。

   前週の日経平均株価は、下落した。新型コロナウイルスのデルタ変異株の感染拡大により、景気回復に対する陰りとの見方が強まり、米国株の急落も日経平均株価へ影響した。加えて、ETF(上場投資信託)配当金手当てのための換金売りや、東京オリンピックの無観客開催といった悪材料が追い討ちをかけた。

   今週の日経平均株価は、上値の重い展開か。米国株の動向も気になるところだが、国内でのデルタ変異株の感染拡大、東京オリンピックの1都3県での無観客開催、4回目となる政府の緊急事態宣言などが、株式投資に対するセンチメントを弱めている。

   国内材料だけでは、日経平均株価を押し上げる材料は乏しそうだ。注目は、米国の経済指標。市場予想よりも良い結果が出れば、米国株の上昇を材料に日経平均株価も上昇する可能性はある。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中