2021年 8月 2日 (月)

東京感染大爆発「デルタ株」は働き盛りと子どもを襲う! 学校の「開かれたクラスター」が怖すぎる

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   東京都をはじめ首都圏でインド由来の変異ウイルス「デルタ株」が爆発的に広がっている。東京都は2021年7月16日、新規感染者が1300人を突破した。

   デルタ株の恐ろしさは、働き盛りの50代以下を直撃するばかりか、10代の子どもにも広がるところだという。

   いったい、どうやって防げばよいのか――。

  • 変異ウイルス「デルタ株」の恐怖(イメージ図)
    変異ウイルス「デルタ株」の恐怖(イメージ図)
  • 変異ウイルス「デルタ株」の恐怖(イメージ図)

「コロナ優等生国」豪州のワクチン広告が怖すぎ!

   新型コロナウイルスの感染防止対策の「優等生国」だったオーストラリアで、若者にワクチン接種を呼びかける連邦政府保健省のテレビ広告が、世界的な物議を醸している。

   広告は全部で30秒間。最大都市シドニーで2021年7月11日から放送された。若い女性が病院のベッドで人工呼吸器につながれて、苦しそうな表情であえぎ続ける=下の写真参照

「デルタ株」の恐怖をテレビ広告にした豪州政府(BBC放送7月13日付電子版)
「デルタ株」の恐怖をテレビ広告にした豪州政府(BBC放送7月13日付電子版)

   その映像とともに、メッセージが表示される。「新型ウイルスに感染する可能性は誰にでもある」と警告したうえで、「外出を控えてPCR検査を受け、ワクチン接種の予約を取りましょう」と呼び掛ける内容だ。この映像が「怖すぎる!」と批判を受けているのだ。

   英国BBCニュース(7月13日付)「Covid Australia: 'Graphic' vaccine advert sparks backlash」(オーストラリアの新型コロナ:〈生々しい映像の〉ワクチン広告が反発を引き起こす)が、こう伝えている。

「オーストラリア政府の広告は、ベッドにいる女性が人工呼吸器に接続されているものの、空気を切らしていることを示している。『新型コロナは誰にでも影響を与える...ワクチンを予約してください』というテロップが流れる。しかし、批評家たちは広告が不当に若者に不安感をあおっていると批判する」

   オーストラリアは、今年5月まで感染を抑え込んでいたが、6月中旬、インド由来の変異ウイルス「デルタ株」の侵入を許し、シドニーを中心に再びロックダウンに追い込まれた。その際、保健当局は街中の監視カメラを使って感染経路を徹底的に追及、デルタ株がすれ違っただけで感染することを突きとめた。

   その経緯は、J‐CASTニュース会社ウォッチ編集部でも2021年6月29日付「すれ違っただけで感染するインド型変異株 ルール破りのIOCと組織委に東京五輪を任せられるか!(1)」と、「すれ違っただけで感染するインド型変異株 ルール破りのIOCと組織委に東京五輪を任せられるか!(2)」で報じた。

   それほど恐ろしいデルタ株だから、保健当局はショッキングな映像で若者にワクチン接種を呼びかけたわけだ。

   BBCニュースはこう続ける。

「シドニーはロックダウン3週目に入った。しかし、『このように苦しむ映像をテレビで流すのは完全に不快だ』『無神経な脅し作戦だ』というツイートが殺到している。連邦政府のケリー主席医務官は記者会見で、生々しい描写が含まれていることを認める一方、『それが狙いだ』と語った。同国ではワクチン接種を完了した国民は全体の9%にとどまっている。特に40歳未満の若者の接種が遅れているからだ」

   特に若者たちに、デルタ株の恐ろしさを見せつけて、ワクチン接種の大切さを訴えようというわけだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中