2021年 9月 24日 (金)

イーサリアムで明大が利益 職業大「取引の難易度増した」と様子見、同志社大は始動か!?【暗号通貨バトル Aグループ】

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   イーサリアム(ETH)を保有する明治大学の城正人さんは、今週(2021年7月26日週)にあった日本初のIEOに注目。成功の背景に堅調に推移する暗号通貨市場があると指摘。イーサリアムも一気に上昇した。「今後の上昇にも期待が持てます」と保有を続ける。

   ビットコインをウォッチし続ける職業能力開発総合大学校のさっちんは、取引を見送り。価格が1BTC=440万円まで回復したところで、「取引する難易度が上昇した」と判断した。同志社大学のしがないトレーダーさんは、高値圏にあるビットコインに注目。そろそろ「レンジ相場は終わりと考える。来週4万3000ドルを超えることがあれば、本格的に取引を開始したい」と、気合を入れる。

  • イーサリアム上昇、明治大学がプラス重ねる
    イーサリアム上昇、明治大学がプラス重ねる
  • イーサリアム上昇、明治大学がプラス重ねる

日本初IEO無事開始 成功の背景に堅調な市場(明治大学 城正人さん)

【今週のニュース&出来事】
   今週(7月26日週)は、日本初のIEO(Initial Exchange offering=取引所を仲介してトークンの取引をする仕組み)があり、パレットトークンの取引が開始されました。システムトラブルもあり取引開始は延期されたのですが、無事29日取引開始しました。

   PLT(パレットトークン)は6.5円を初値に急上昇し44円の高値をつけた後20円?30円のレンジで推移する相場へと移行しました。

   私の見立てでは、そのままゆったりと推移すると考えていたのですが、その後90円近くまで上昇している状況となっています。

   総発行枚数は10億枚ですから、時価総額はおよそ900億円となっています。日本初のIEOということで、期待半分不安半分で考えていましたが、とりあえず初回の価格形成はIEO価格の20倍以上となり、大成功といえるでしょう。

   今年中に何度かIEOがあるようなので、次回からのIEOにも期待が持てますね。

   さて、今回のIEOの価格形成が成功裏に終わった要因としては堅調に推移する暗号通貨市場があります。たとえば 投資しているETH(イーサリアム)をみると、ここ数か月上下を繰り返しながら順調にジリ下げを続けていました。

   その後、私の投資価格付近である1800ドル台を維持し、いわゆる「ダブルボトム」を形成し一気に上昇をはじめました。ここ最近のレンジ相場にはみられなかったほどの珍しい上昇を見せており、今後の上昇にも期待が持てます。

   他の銘柄にも資金が流入しており、市場全体が活況になりつつあるともいえます。しかし、1年の中で相対的に相場が弱いとされる「夏枯れ相場」でどこまでチャレンジできるか注目です。

【株式市場とビットコイン】
   昨年からテスラをはじめ、さまざまな企業がビットコインへの投資を表明し、さらなるビットコインの価格上昇の原因となっていました。今回は株式投資家のみなさまにも役立つよう。ビットコイン関連銘柄の中でもビットコイン価格に大きな影響を受けている銘柄を紹介します。

・MSTR(マイクロストラテジー)
10万枚およそ43億ドルのビットコインを保有、企業の時価総額は約61億ドル。1BTC(ビットコイン)あたりの平均取得価格は約26000ドル。

・MARA(マラソン・デジタル・ホールディングス)
ビットコインマイニングを行う企業。4813枚およそ2億ドル分のビットコイン(BTC)を保有。企業の時価総額は約27.5億ドル。1BTCあたりの平均取得価格は約3万1000ドル。

・RIOT(ライオット・ブロックチェーン)
ビットコインマイニングを行う企業。1175枚およそ5000万ドル分のビットコイン(BTC)を保有。企業の時価総額は約31億ドル。1BTCあたりの平均取得価格は約6100ドル。

   最初にご紹介したマイクロストラテジーはビットコインを単純に保有している企業です。保有しているビットコインと比較するとやや割高の時価総額で推移しているためビットコインへの投資目的の方は現物を購入されたほうが良いかもしれません。

   一方、ライオットとマラソンについてはマイニングを主な事業として行っており、ビットコインの保有も行っています。マイニング事業とは電気を用いて装置を動かしビットコインを採掘する事業ですから、鉱山株のような性質も持っています。今回はマイニング事業について深堀りはせず、保有しているビットコインで比較するとライオットと比較します。

   マラソンとライオットを比較した際、マラソンのほうが購入単価は高いですがより多くのビットコインを保有しています。したがって、今後ビットコイン価格が上昇していくと含み益の伸びは取得単価の高いマラソンのほうが大きく伸びるといえます。もちろん価格が下落すると含み益の減少速度はマラソンの方が早いため注意が必要です。両社のマイニング事業の違いに目を瞑ればマラソンの方が今後の株価の伸びに期待できると言えるかもしれません。

【まとめ】
   今回はビットコインに関連する企業についてご紹介してきました。ビットコインマイニング事業は「営業レバレッジ」という効果を利用できるため、ビットコインをただ単に保有するのに比べると値動き、利益の変動が大きくなります。

   この効果をうまく利用し、長期で暗号通貨を保有し短期でこういった株式を売買するなどの戦略を取ると税制面的にもメリットが大きいので利用してみてはいかがでしょうか。 取引はなし。

   先週から、プラス1562円。資産残高は1万2717円 (0.035ETH=9962円、現金2755円だった。

◆ 児山将のワンポイントアドバイス
2020年の暗号通貨ブームの前から比較すると、ビットコインは7倍、マイクロストラテジーは10倍、しかし。マイニング企業は50~80倍にも急騰しました。ビットコインが上昇すれば利益が出ることはもちろんですが、固定費がほとんど変わらず利益が青天井になる部分が大きいでしょう。
識者によると、2021年1月時点では大手マイナーの損益分岐点は130~150万円とのことでした。ビットコインが300万円であれば、利益率は50%以上という大ヒットゲーム会社さながらのパフォーマンスとなります。電気代や人件費は大きく変わりませんが、重要になるのがマイニングの難易度。これが年初から20%ほど上昇したものの、中国マイナーの移転などにより7月には2020年6月の水準に大きく低下。これが既存マイナーに追い風になることから、決算ではサプライズが期待できるかもしれません。

保有する暗号通貨  イーサリアム(ETH)
前週からの損益      プラス1562円
2021年7月30日現在    1万2717円

明治大学 城正人(じょう まさと)
明治大学 城正人(じょう まさと)
経営学部2年。明治大学投資サークルBreakouts!に所属。暗号資産が今後の社会に与える影響に魅力を感じ手当たりしだい勉強中。これまで暗号資産のトレード経験はほぼなくETH(イーサリアム)ガチホを続けてきました。ポテンシャル、技術の面を中心にそれぞれの通貨の特徴を見極めて投資していきたいと思います。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中