2021年 9月 17日 (金)

50代からの転職 平均年齢30代の会社で「使えないおっさん」にならないためにすること【ひろ子ママの教訓 その66】

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   きょうは50代のTさんです。転職活動されていましたが、きょうはうれしいご報告ってことですね!

「今回初めての転職活動で、先日内定をいただきました。いわゆる大企業から中小企業への転職になりますが、取引先から交渉力や営業力を評価され、営業部の責任者として声がかかりました。年収は下がりますが、やりがい重視で転職を決めました。あと、2か月後に初出社となりますが、平均年齢が30代という組織、私の子供と同じくらいの年齢なんですよね。直属の上司、役員も、もちろん年下です。今から心配しても仕方ないのはわかっていますが、こんなに若い組織って初めてなので、楽しみと不安が入り混じっています」
  • 平均年齢30代の若い会社でどうやっていこうか……(写真はイメージ)
    平均年齢30代の若い会社でどうやっていこうか……(写真はイメージ)
  • 平均年齢30代の若い会社でどうやっていこうか……(写真はイメージ)

大企業時代は「こうやってた」はダメ!

   Tさん、転職する前から不安に思っても仕方ないですが、心構えを知っておきましょう。よく、起きやすい問題の一つに「若手とうまくいかない」があります。

   いくら大企業で管理職経験があったからといっても、外部から、いきなり管理職としてやってきたら......。すんなりと若手に「受け入れられる」ものとは限らないですよね。脅かすわけではありませんが「使えない、おっさん」と言われないように、心構えが必要です。

   まず、大企業と中小企業では仕事の役割分担などやり方も変わります。また、年齢や世代の違いで、仕事のやり方やモチベーションも違います。なので、「大企業ではこうやっていた」「自分が30代の頃はこんな気持ちで仕事をしていた」なんて、良かれと思って先にアドバイスしてしまうと「何、このおっさん」ってなってしまうわけです。

   新しい会社に、いち早く貢献したいという気持ちもわかりますが、Tさん、まずは若手のことを知るところから始めましょう。

   それには、

・どんなツールを使っているのか
・何をモチベーションとして仕事をしているのか

を知ることは大切です。

   モノよりコトに価値を感じる時代になっているので、年齢によってまったく価値観も異なりますよね。デジタルとアナログしかり、使っているモノも違いますよね。まずは若手に認めてもらうために、相手を知ることが必要です。

ひろ子ママ (こまま・ひろこ)
ひろ子ママ (こまま・ひろこ)
仮想スナック「ひろこ」を経営
古代マヤ暦シンクロ協会認定講師、ライター
起業したい人・副業したい人が集まる50~60代限定の仮想スナックのママ。
ブログ:https://snackhiroko.hatenablog.com/
不動産業界での営業、教育業界でのコーディネーターなどを経て、組織や人材開発に携わりながら、コーチングも行っている。
鳥取県生まれ、東京在住。多拠点生活に向けて活動中。
Woman excite:https://woman.excite.co.jp/article/author/w_pinoco/
DAILY ANDS:https://daily-ands.jp/authors/573a7efc73f3212f79f6339b
「キャリア50」https://career50.jp/?s=ひろ子ママ
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中