2021年 9月 17日 (金)

飲食業界、仕事の不満は「昼夜逆転」「長時間勤務」 身についたのは「コミュニケーション能力」

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   飲食業界に勤務する人が転職する理由で、最も多いのは「勤務時間への不満」だった――。

   Webメディアを通じてビジネスの問題解決に取り組んでいる株式会社ビズヒッツ(三重県鈴鹿市)が、飲食業界から異業種や異職種に転職した259人を対象に「転職理由に関する意識調査」を実施した。2021年8月4日の発表。

   2位は「収入を増やしたい」、3位に「他の仕事がしたい」が続いた。

  • 飲食店のから転職、その理由で多いのは……
    飲食店のから転職、その理由で多いのは……
  • 飲食店のから転職、その理由で多いのは……

不規則な勤務で体力がキツくなって......

   調査で、飲食業界からの転職理由で1位は「勤務時間への不満」。次いで「収入を増やしたい」「他の仕事がしたい」と続いた。4位には「勤務日・休日への不満」が入っており、「勤務時間や出勤日・休日」に不満があって転職した人が多かった=表参照

   「スキルアップしたい」「人間関係」「手荒れがひどくなったから」なども入った。

   勤務時間への不満について、寄せられた声には、

「夕方から深夜にかけて営業している店だったので、家族や友人と生活のリズムが合わず、昼間に仕事をしたいと思ったから」(女性、25歳で転職)
「不規則な勤務時間が体力的にきつくなってきたので転職しました」(男性、35歳で転職)
「転職した理由は時間です。飲食業界で働いていたときは、朝から夜まで仕事で、なかなか帰れなかったので」(女性、50歳で転職)

   「シフトで不規則な勤務」「長時間労働」「昼夜逆転の生活」がつらかったと回答した人が多かった。また、長時間労働については「仕込みの時間もあり、勤務時間が長い」などの体験談が寄せられたほか、「不規則な生活で体を壊した」という人も複数いた。

   2位の「収入を増やしたい」と答えた人からは、

「給料が仕事量に対して割に合わないと思ったから」(男性、24歳で転職)
「正社員になれず、給料が安くて生活が厳しかったため」(女性、28歳で転職)

   「年収があがりそうにない」「昇給しにくい」など、「なかなか昇給しない」ことへの不満を挙げた人もいた。

   3位の「他の仕事がしたい」と答えた人からは、「他にやりたい仕事が見つかった」「他の業種も経験してみたいと思った」「もともとやりたかった仕事に挑戦した」などの声があった。

   4位の「勤務日・休日への不満」では、「まったく休みが取れず、週休2日きちんと休める職業がいいと思ったから」(女性、27歳で転職)といった声のほか、「急なシフト変更」や「毎回電話で呼び出されるシフト」への不満など、プライベートの予定が立てづらいことがあるようだ。

   5位の「体力的にツライ」には、「立ち仕事がツライ」「重労働」という回答が目立った。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中