2021年 9月 26日 (日)

「GA technologies」 独自の不動産流通プラットフォームで成長するけど気になることが......(慶応義塾大学 すんぴぴ)【企業分析バトル】

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   みなさん、こんにちは。すんぴぴです。

   大学生にとって、「シューカツ」は一大事です。そんなことで、今回は積極的な採用活動を展開しているイメージがある会社の一つで、東証マザーズに上場する「GA technologies」(3491)に注目しました。

   同社は、AI(人工知能)を活用した中古不動産を中心に取り扱う不動産流通の総合プラットフォーム(PropTech=不動産テック)「RENOSY(リノシー)」の開発・運営をコア事業としています。

  • 「GA technologies」は不動産流通の総合プラットフォームを運営する(写真はイメージ)
    「GA technologies」は不動産流通の総合プラットフォームを運営する(写真はイメージ)
  • 「GA technologies」は不動産流通の総合プラットフォームを運営する(写真はイメージ)

他の不動産プラットフォームとは違うビジネスモデル

   不動産プラットフォームを扱う企業としては、ファーストロジック(J-CASTニュース会社ウォッチ「」2021年6月28日付)を分析してみましたが、ファーストロジック含めた不動産流通プラットフォームを運営する企業は他にもあるものの、マッチングまたは顧客の送客によって手数料を得るビジネスモデルとなっています。

   参考リンク:「株式投資禁止の業界に就職する人へ! 不動産に注目『ファーストロジック』(慶応義塾大学 すんぴぴさん)【企業分析バトル】」(2021年6月28日付)

   それに対してGA technologiesは集客した顧客に、自社で仕入れた物件を販売して収益を得ているという特徴があります。ただ、不動産は評価軸が多く、IT化しづらい領域ではあるため、同社は投資用の中古区分マンションの取り扱いが中心となっています。

   また別の事業として、マンション管理用のSaaS(Software as a Service)も展開しています。これは投資用マンションと相性が良く、売り上げ・利益ともに順調に推移しています。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中