2021年 9月 21日 (火)

一度も袖を通さない衣類、ありませんか? サスティナブルな秋冬へクローゼットをチェックしよう!(入澤有希子)

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   まだ暑い日々は続きますが、少しずつ秋の気配も感じるようになりました。季節はあっという間に過ぎますよね。今回は、少し早い秋冬のトレンドについてお伝えします。

   さて、これを読んでいるあなたは、クローゼットの中に眠ったままになった服は、どのくらいありますか?

  • サスティナブルな秋冬へ クローゼットをチェック!(写真はイメージ)
    サスティナブルな秋冬へ クローゼットをチェック!(写真はイメージ)
  • サスティナブルな秋冬へ クローゼットをチェック!(写真はイメージ)

衝撃! 一度も袖を通さない衣類は20着以上ある

   じつは、こんなデータがあります。1990年代から現在にかけて、ファッション業界の消費量は400%以上増加しました。衣類の値段は、下がり続けています。衣類の寿命は、約3年と言われ、そのほとんどが4回しか着られずにその一生を終えるそうです。そして、私たちは一度も袖を通さない衣類を20着以上も持っているという統計があるんです。

   つまり、私たちは買って飽きたら簡単に捨ててしまっている、ということですよね。「一生モノ」というと難しいかもしれませんが、私たちには、吟味して長く着られる服を選ぶという感覚が薄れているようです。

   ファッション業界は、このような問題に直面していて、この秋冬は「サスティナブル」というテーマが大きく掲げられています。ファッション業界で流行っているものは、時代のトレンドをつかむためにも、チェックしておきましょう。

   以前から動物愛護の観点からファーは使わないというブランドがありましたが、ますますエコレザー、エコファーが増えてきました。また、ファッションのサスティナブルは、たとえば(1)リサイクルされたナイロンを使う(2)食品のように生産者を追跡できる(3)成長の早い竹から繊維を作くる―― といったように進歩しています。

   ファッション業界の流れを知っていると、時代のトレンドを知ることができます。センスが問われるお仕事の方、人に見られる仕事の方は、ファッション業界の流れやキーワードを押さえておきたいものです。今年の秋冬であれば、(1)~(3)のようなサスティナブルなアイテムを身に着けることで、社会に対する自分の考えも表現していくことができます。

入澤有希子(いりさわ・あきこ)
入澤有希子(いりさわ・あきこ)
パーソナルスタイリスト
美容専門学校・高等学校色彩学講師
ミスユニバースビューティーキャンプ講師、テレビの変身企画スタイリストなどを経験。フリーランスでパーソナルスタイリストをしつつ、最近はベンチャー企業でセカンドOLデビューを果たした。働くママの大変さを実感し、働くママ100人へのインタビュー活動「we MAMA」を立ち上げる。さまざまな働き方があることを伝える活動も実施中。法政大卒。37歳。
ブログ https://ameblo.jp/akiwasa/
ホームページ https://daily-ands.jp/authors/573a7efc73f3212f79f6339b
we MAMA https://note.com/we_mama
著書に「子育てのために仕事を諦めなくてもいい方法」(Kindle版)がある。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中