2021年 9月 17日 (金)

株価は上昇気流に乗る!? 注目は次期首相の経済政策、舞台は「永田町」へ(9月6日~10日)【株と為替 今週のねらい目】

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   東京株式市場の日経平均株価は、2021年9月3日午後に菅義偉首相が次の自民党総裁選へ出馬しないと表明したことで、新首相の経済対策などへの期待感が広がった。東京都の新型コロナウイルスの感染者数に鈍化傾向が見られることも重なって、株価は上昇した。東京パラリンピックが終幕。いよいよ、舞台は「永田町」に移った。

   一方、米国では早期のテーパリング(量的緩和の段階的縮小)観測が後退したことで、リスク選好のドル買いが縮小している。

   どうなる!? 今週の株式・為替マーケット!

  • 自民党総裁選、そして衆院選と続く……(写真は、国会議事堂)
    自民党総裁選、そして衆院選と続く……(写真は、国会議事堂)
  • 自民党総裁選、そして衆院選と続く……(写真は、国会議事堂)

東京株式市場 上値試す展開に

日経平均株価予想レンジ:2万8500円~2万9500円

2021年9月3日(金)終値 2万9128円11銭

   今週の東京株式市場の日経平均株価は、上値を試す展開か。

   前週の日経平均株価は、大幅に続伸した。5日間の続伸で上げ幅は1500円近くとなった。3日午後に菅義偉首相が次の自民党総裁選へ出馬しないと表明したことで、新首相の経済対策などへの期待感が相場上昇の要因となった。

   今週の日経平均株価は、いったんは上値を試す展開となりそうだ。菅首相の退陣表明により、市場では新首相の経済対策への期待感が高まっている。加えて、東京都の新型コロナウイルス感染者数に鈍化傾向が見られることも相場の上昇要因となっている。

   ただ、今後、自民党総裁選の立候補者の具体的な政策が明らかになってくるとともに、期待がしぼむ可能性もある。さらに、日経平均は2週間で2000円近く上昇していることで過熱感も出ている点には注意が必要だ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中