2021年 9月 19日 (日)

コロナ禍のレジャーで人気 アウトドアで注目の「スノーピーク」を分析する(北海道大学 とがぴさん)【企業分析バトル】

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   コロナ禍の自粛生活が長引き、旅行などを控える人が多いなか、ひと際目を引く存在がアウトドアレジャーの分野です。キャンプやグランピングは解放された自然の中で楽しむことができるという利点もあって、人との接触を気にせず楽しめる娯楽として人気を集めています。

   今回はその分野の中でも注目度の高い「スノーピーク」(7816)という企業に注目して分析していこうと思います。

  • アウトドアが人気! キャンプを楽しむ(画像は「スノーピーク」のWebサイトより)
    アウトドアが人気! キャンプを楽しむ(画像は「スノーピーク」のWebサイトより)
  • アウトドアが人気! キャンプを楽しむ(画像は「スノーピーク」のWebサイトより)

前期純利益2.5倍を叩き出す成長企業の素顔とは?

   東証1部に上場する「スノーピーク」は、主にアウトドア用品の開発・販売を手がけている会社で、販売する商品はキャンプ用品からアパレル、調理グッズまで多岐に渡ります。価格は高級路線が主体で、キャンプ歴の長いユーザーからも根強く愛されるブランドを持っています。

   スノーピークは、コロナ禍の需要をうまく取り込み、業績を上方修正し続けています。直近の2021年8月21日に発表された第2四半期決算では、通期業績見通しを売上高に関して19.5%、営業利益に関しては46.3%の上方修正を行いました。また、配当予想に関しても1株あたり12.5円から20円へと予想を引き上げています。

   2016年からの業績も右肩上がりに成長していて、今後も安定した需要が取り込めるのであれば面白い投資先になるのではないかと考えています。

決算資料より筆者作成
決算資料より筆者作成
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中