2024年 3月 4日 (月)

「45歳定年」に、ただ焦る人と前に進む人 その違いは行動にあった!【ひろ子ママの教訓 その73】

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   きょうは、50代のRさんがいらっしゃっています。

「先日、サントリーホールディングスの新浪剛史社長が『45歳定年制』を提案する発言がありましたよね。私は、すでに45歳を超えているので、若干不安を感じています。ネットの声も、賛否両論がありますよね。どちらの意見を聞いても、どちらも納得できる部分もあると感じています。 でも、もしその現実を突きつけられたら、と思うとどうすればいいのか......」
  • 「45歳定年制度」、あなたはどう行動するのか!?(写真はイメージ)
    「45歳定年制度」、あなたはどう行動するのか!?(写真はイメージ)
  • 「45歳定年制度」、あなたはどう行動するのか!?(写真はイメージ)

すでに年功序列が崩れていること、わかってます?

   ネットで賛否の声を見てみると、こんな声がありました。

参考リンク:「『45歳定年制』賛否の声... 実力年俸&定年なし企業も」テレビ朝日news 2021年9月17日

◆ 反対の声
「結構、今30代超えても、転職とか難しいと聞くので。45歳で急に定年になって、職探すのって難しいなって、不安になります。」(35歳)
「僕ちょうど45歳なんですよ。自分で起業するのかとか、どこか転職。また、別のところに行くにしても、なかなか年齢的には厳しいから。個人的には嫌ですね」(45歳)

◆ 賛成の声
「45歳でひと段落っていう区切りが、一般的になってたら、もしかしたら、それまで頑張ることができるし」(20代)
「目標にもなりますし。改めて人生設計ではないですけど、そういうのを立てるポイントにもなるのかなと思います」(20代)

   Rさんのおっしゃるとおり、賛否の声についても、どちらが正しくて、どちらが間違っているということではないと思います。

   ただ、日本のこれまでの年功序列制度を、会社に対する貢献度合いと会社からもらえる報酬の関係でみていくと、一般的に会社人生の前半は、会社への貢献を下回る報酬を受け取るため給料が少なく、会社人生の後半になると会社への貢献を上回る報酬が受け取るため、給料が高くなっています。本来、60歳定年(あるいは65歳定年)までの期間で、「貢献と報酬のバランス」が取れるような仕組みになっているんですね。

   ところが、定年まで道半ばの45歳で退職してしまうと、これまで会社のために働いてきた期間の努力がムダになり、「頑張ってきたのに損した気分」になることがあるのでしょう。

ひろ子ママ (こまま・ひろこ)
ひろ子ママ (こまま・ひろこ)
仮想スナック「ひろこ」を経営
古代マヤ暦シンクロ協会認定講師、ライター

不動産業界での営業、教育業界でのコーディネーターなどを経て、組織や人材開発に携わりながら、コーチングも行っている。鳥取県生まれ、大阪在住。多拠点生活に向けて活動中。
「キャリア50」https://career50.jp/?s=ひろ子ママ
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中